検索結果

5件見つかりました。1~5件を表示しています。
書名をクリックすると詳細ページをご覧頂けます。

並び替え:

コンコンきつねの おにはそと

2021年度定期刊行紙しばい 年少向け おひさまこんにちは

コンコンきつねの おにはそと

よこみちけいこ 脚本/石川えりこ

にんげんの子どもたちが、にぎやかに豆まきをしています。それを、きつねの兄弟が見ていました。
「よーし、にいちゃんが ちょっと みてきてやるよ。」お豆が食べたくなったおにいちゃんきつねは、かわいい鬼にへんしんして、子どもたちの前にとびだしました。「わあ、おにが きた!」「おにはーそと!」子どもたちは鬼に向かって、たくさんお豆を投げるので、おにいちゃんきつねは、お豆を食べ放題。
それを見ていたおとうときつねは、「ずるいや ずるいや! にいちゃんばっかり!」と、自分も鬼に変身しました。
「ガオー!」ところが、大きくてこわーい鬼に変身してしまったので、子どもたちはびっくり!

  • 2歳~
  • 2022年1月11日発売予定
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み
りりちゃんのケーキ

2019年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

りりちゃんのケーキ

はせがわさとみ 脚本/石川えりこ

りりちゃんは、おばあちゃんにケーキをつくったので、こざるのるーとこぐまのぐーにてつだってもらい、はこびはじめました。ところがケーキの上のいちごもクッキーもクリームもみーんな食べてしまい……どうするの?

  • 4・5歳~
  • 2019年10月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
こくん

童心社のおはなしえほん

こくん

村中 李衣 作/石川 えりこ

退院して大好きなつばさ園にくると、しゅんくんがかけてきた。歩行器をみて「てつだってやる」というしゅんくんに、わたしは「いらない」と強い声で言った。わたしは体を思うように動かすのが難しい。でも、歩行器があればみんなと歩ける。ある日、挑戦するしゅんくんの姿を見て、わたしもすべり台にのぼりたいと思った。わたしは、こくんって、うなずく。だいじょうぶ。きっとできる……。
新しい一歩をふみだしたふたりの物語。

  • 4・5歳~
  • 2019年6月20日初版
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
  • 立ち読み
たきびだ たきびだ ぽっかぽか

2018年度定期刊行紙しばい 年少向け おひさまこんにちは秋も冬も!たのしい行事

たきびだ たきびだ ぽっかぽか

よこみち けいこ 脚本/石川 えりこ

寒い冬、にいちゃんきつねが人間のケンタにばけて、おじいさんのたきびにあたりにきました。そこへ、おとうときつねもケンタになってやってきたから、ケンタがふたりになって、さあたいへん。本物のケンタもきて…。

  • 2歳~
  • 2018年12月1日初版
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み
また おこられてん

童心社のおはなしえほん

また おこられてん

小西 貴士 作/石川 えりこ

「かたづけや〜」「またうそついて〜っ」…ぼくがきらいなことだらけやから、母ちゃんがおこりんぼマシーンになってまうんやろか。けんちゃんは、おふろで父ちゃんに語りかけます。好きなものに囲まれていたかったり、母ちゃんに見ててほしかったり…子どもの気持ちをていねいに描き、おこったりおこられたりの毎日の中にある大切な自分の気持ち、家族を愛おしく想う気持ちを発見させてくれる絵本。おふろから出ると母ちゃんが…!

  • 4・5歳~
  • 2016年9月15日初版
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
  • 立ち読み