童心社のおはなしえほん

また おこられてん

また おこられてん

立ち読み

小西 貴士 作/石川 えりこ

「かたづけや〜」「またうそついて〜っ」…ぼくがきらいなことだらけやから、母ちゃんがおこりんぼマシーンになってまうんやろか。けんちゃんは、おふろで父ちゃんに語りかけます。好きなものに囲まれていたかったり、母ちゃんに見ててほしかったり…子どもの気持ちをていねいに描き、おこったりおこられたりの毎日の中にある大切な自分の気持ち、家族を愛おしく想う気持ちを発見させてくれる絵本。おふろから出ると母ちゃんが…!

  • 名古屋市教育委員会選定図書(2017年)
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税)
  • 初版:2016年9月15日
  • 判型:B5変型判/サイズ:20.7×22.2cm
  • 頁数:32頁
  • 4・5歳~
  • ISBN:978-4-494-01625-9
  • NDC:913

紹介記事をみる

感想を書く

書評

愛とは葛藤しつつ通じ合うこと(母のひろば629号) 2016年10月25日
 森でいのちの営みを深く感じ取りながら、森の案内人として生きている写真家の小西貴士氏が、初めて絵本の文章を書いた作品。「子どもが子どもを生きている」とは小西氏がよく使う言葉だが、前半では主人公の子どもが、具体的な生活の場でその子らしく「子どもを生きている」様子が続く。後半は逆だ。腹を痛めて産んだわが子への母の必死の思いが、やはり具体的な子育て場での言葉として表現される。

 子の思いと母の思い。それぞれ真実なのだが、ときとして対立する。でも、深いところでは通じ合う。葛藤しつつ通じ合う。それが子育ての本質だと小西氏は言おうとしているかのようだ。葛藤の愛こそが本物の愛だと。

 私自身、高校生のとき、進学校的なその雰囲気になじめず、ずっと悩みふさいでいた。後できくと、高校3年生の1年間、母は毎朝6時前に起き、近所のあるところで自殺しないでと祈っていたという。私に教えてくれたのはずっと後だが、そのとき私は母という存在に深く感謝することを知った。この絵本を読み進んだとき、母の祈りの場面で思わず涙したのは、そういうことがあったからだろう。葛藤の愛に悩んでいる世の親に、ぜひ、読み語ってほしいと思った。石川えりこさんの絵が、いきいきとした家族の姿を描き、ぴったりだ。小西氏の次作には森が入ってくるのだろうか。
汐見 稔幸/教育学者

2018/12/17

<東京>『また おこられてん』の著者、小西貴士さんの写真展が開かれます。

『また おこられてん』の著者で、「母のひろば」にもご寄稿いただいている写真家、小西貴士さんの写真展「そらぷちのカケラ 難病の子どもたちのためのキャンプ場の 10 年」が下記の日程で開かれます。テーマは ...

続きを読む

2018/11/13

<福岡>田島征三+石川えりこ「絵本の読み聞かせ&トーク」が福岡県田川市の嘉穂劇場で開催されます。

絵本作家、田島征三さん・石川えりこさんによる絵本の読み聞かせとトー クを福岡県田川市の嘉穂劇場にて下記の日程で開催されます。嘉穂劇場ならではの升席で、いつもとは違う雰囲気の中でお楽しみいただけます。当 ...

続きを読む

2018/3/19

<東京>絵本作家石川えりこさんの個展「ねこさんぽ」が開催されます。

絵本『ボタ山であそんだころ』で第46回講談社出版文化賞絵本賞を受賞し、童心社でも絵本『またおこられてん』(作・小西貴士)の絵を描いていらっしゃる石川えりこさんが、下記の日程で、個展を開催いたします。ぜ ...

続きを読む

2017/5/11

〈東京・神保町〉開催中! 石川えりこさん原画展

2月に閉店したブックハウス神保町の場所に新しく絵本・児童書のお店&カフェのお店 ブックハウスカフェが5月5日こどもの日にオープンしました。こちらで、絵本作家・石川えりこさんの原画展が開催中です ...

続きを読む