<東京>『また おこられてん』の著者、小西貴士さんの写真展が開かれます。

『また おこられてん』の著者で、「母のひろば」にもご寄稿いただいている写真家、小西貴士さんの写真展「そらぷちのカケラ 難病の子どもたちのためのキャンプ場の 10 年」が下記の日程で開かれます。テーマは、難病の子どもたちのキャンプの様子です。どうぞ足をお運びください。

とき:2018年12月14日(金)〜19日(水)11:00 〜18:00 (月曜定休 )
ところ:カフェスロー(東京都国分寺市東元町 2-20-10 ℡.042-9401-8505)(国分寺駅徒歩約 5分)
入場無料

<関連イベント>トークセッション「子どもの命を守ること 命が輝くこと」
とき:2018年12月15日(土)18:30~20:30
ところ:カフェスロー
内容:スピーカー 4 名(汐見 稔幸さん、佐々木 健一郎さん、宮坂 真紗規さん、小西 貴士さん)によるトークセッション / 写真家小西貴士スライドショー
定員:60人
料金:2500円(中高生1000円)(別途 1 ドリンクオーダーをお願いします)
お申し込みはこちらのサイトからお願いします。

また おこられてん

童心社のおはなしえほん

また おこられてん

小西 貴士 作/石川 えりこ

「かたづけや〜」「またうそついて〜っ」…ぼくがきらいなことだらけやから、母ちゃんがおこりんぼマシーンになってまうんやろか。けんちゃんは、おふろで父ちゃんに語りかけます。好きなものに囲まれていたかったり、母ちゃんに見ててほしかったり…子どもの気持ちをていねいに描き、おこったりおこられたりの毎日の中にある大切な自分の気持ち、家族を愛おしく想う気持ちを発見させてくれる絵本。おふろから出ると母ちゃんが…!

  • 4・5歳~
  • 2016年9月15日初版
  • 定価1,404円 (税込)
  • 立ち読み
  • カートにいれる