検索結果

15件見つかりました。1~10件を表示しています。
書名をクリックすると詳細ページをご覧頂けます。

並び替え:

どうぶつえん

2022年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

どうぶつえん

桂文我 脚本/加藤休ミ

なまけものの男が、どうぶつえんにアルバイトにやってきました。なんでも、人気のトラが死んでしまったので、トラの皮の着ぐるみを着て、トラのかわりに檻に入る仕事だそうです。男は給料の一万円につられてしぶしぶ引き受けますが、「ワン!」と鳴いてしまったり、お腹がすいて、ついパンを食べてしまったり……本物のトラそっくりにふるまうのは、なかなか大変です。そこへ、動物園に「ただいまから、もうじゅうのショーを みていただきましょう。ライオンを、トラのオリのなかへいれて、トラとライオンのいっきうち!」という放送が鳴り響いたので、男はびっくり!

「動物園」は、ヨーロッパの滑稽な話が翻訳され、日本の落語として定着したお話です。子どもたちに人気のネタとして、作者の桂文我さん主催の子ども寄席でも演じられています。

  • 4・5歳~
  • 2022年6月7日発売予定
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
桂文我 大わらい落語紙芝居

桂文我 大わらい落語紙芝居

桂 文我 脚本

落語家・桂文我さん脚本の紙芝居『夏のいしゃ』『となりのさくら』『たぬきの にゅうがくしき』の3冊を収録した紙芝居セット。

  • 3歳~
  • 2021年4月1日初版
  • 揃定価6,270円 (本体5,700円+税10%)
たぬきのにゅうがくしき

2015年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

たぬきのにゅうがくしき

桂 文我 脚本/伊藤 秀男

人間の小学校に入学したいタヌキの子。お父さんがランドセルに化けて…。

  • 4・5歳~
  • 2016年3月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
  • 在庫品切・重版未定
となりのさくら

2014年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

となりのさくら

桂 文我 脚本/長野 ヒデ子

桜の木がきれいな花を咲かせました。ところがとなりのご隠居が枝を折って!落語を元にした紙しばい。

  • 4・5歳~
  • 2014年4月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
  • 在庫品切・重版未定
落語まんが じごくごくらく伊勢まいり

単行本図書

落語まんが じごくごくらく伊勢まいり

桂 文我 文/久住卓也 漫画

ある日、仲よしの喜六(きろく)と清八(せいはち)は、お伊勢参りの旅に出かけることになりました。この時代、お伊勢参りは、憧れの一大レジャー。行き帰りに8~10日かけての贅沢な旅で、着物や笠を新調して出かけます。途中、七度狐に化かされたり、見せ物小屋で騙されたり、役人につかまりそうになったりしながら、なんとかお伊勢さんに到着します。喜六と清八のやりとりが軽妙で、親しみやすく、上質の笑いに心休まる読後感です。

  • 2014年1月20日初版
  • 定価1,320円 (本体1,200円+税10%)
  • 立ち読み
夏のいしゃ

夏のいしゃ

桂 文我 脚本/梶山俊夫

暑い、暑い夏の日、山の中の村で親子が畑をたがやしていると、急にお父さんが腹痛をおこします。息子はいそいでとなりの村にお医者さんをよびに行きます。二人が、峠で一休みをしようと大きな木にすわると。

  • 4・5歳~
  • 2010年7月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
  • 在庫品切・重版未定
桂文我落語紙芝居

桂文我落語紙芝居

桂 文我 脚本

日本の伝統文化の落語と紙芝居がしっかり融合したシリーズ。

  • 4・5歳~
  • 2009年4月1日初版
  • 揃定価13,530円 (本体12,300円+税10%)
うなぎにきいて

桂文我落語紙芝居

うなぎにきいて

桂 文我 脚本/長谷川 義史

きろくとせいはちはうなぎを食べにいきましたが、料理する人が休んでいたので主人に頼んでうなぎを料理してもらうと……。

  • 4・5歳~
  • 2005年7月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
りゅうぐうじょうでさがしもの

単行本絵本

りゅうぐうじょうでさがしもの

桂 文我 文/国松 エリカ

船に乗ったたろきちは、おしっこの時財布を海に落としてしまいます。そこで、船にあったフラスコに入って財布をさがしに海中へ……。

  • 3歳~
  • 2005年5月15日初版
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
  • 立ち読み
とくべえとおへそ

童心社の絵本

とくべえとおへそ

桂 文我 文/田島 征彦

大うなぎをつりあげたとくべえは、うなぎと一緒に空へ。出会ったかみなりのゴロゾウと王様のいる月宮殿へ行くと、人間のへそを……。

  • 4・5歳~
  • 2004年5月20日初版
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み
  • 重版未定