五山賞名作紙芝居

感想を書く

うまいものやま

五山賞名作紙芝居

うまいものやま

佐々木 悦 脚本/箕田 源二郎

にんじんもみそ汁もきらい、あまいものばかり食べたがるもさくに、こまった両親はうまいもの山へ…。 

  • 3歳~
  • 1975年10月1日初版
  • 定価1,760円 (税込)
  • 在庫品切・重版未定
ニャーオン

五山賞名作紙芝居

ニャーオン

都丸 つや子 脚本/渡辺 享子

一ぴきのこねこがいました。空にはまん丸のお月さまが輝いています。こねこはお月さまがほしくて…。  

  • 3歳~
  • 1990年6月1日初版
  • 定価2,090円 (税込)
おかあさんまだかな

五山賞名作紙芝居

おかあさんまだかな

福田 岩緒 脚本・絵

「母の日」を考えるきっかけに。子リスのコリは、どんぐりをさがしにいったおかあさんを一人で待っていましたが……。

  • 3歳~
  • 2001年4月1日初版
  • 定価2,090円 (税込)
  • 立ち読み
にじになったきつね

五山賞名作紙芝居

にじになったきつね

川田 百合子 脚本/藤田 勝治

富士山がよくみえる川のそば、小さな森に住んでいたのは、きつねのゴロザエモン。
おじぞうさまに化けて、おだんごを食べたのが子どもたちにみつかって、村はずれまで逃げてきたゴロザエモンは、そこで病気で寝ているおじいさんをみつけます。
おじいさんは病気でいつも寝ていて、見えるものは空ばかり。
夕立の後のきれいな虹がもう一度見てみたいと願うおじいさんをかわいそうに思い、ゴロザエモンは虹に化けます。
喜ぶおじいさんを見て、ゴロザエモンは虹に化け続けますが、うでもしっぽもつかれてきて……。

静岡市の南藁科に伝わるきつねのゴロザエモンの民話を元にしたこの紙芝居。
いたずらぎつねのゴロザエモンと、ゴロザエモンをあたたかく見守る村の人たちの心持ちに、ほっこりとやさしい気持ちになれる作品。
高齢者の方へ演じる作品としてもおすすめです。
第20回五山賞 奨励賞・画家賞受賞作。

  • 3歳~
  • 1981年9月1日初版
  • 定価2,090円 (税込)
カヤネズミのおかあさん

五山賞名作紙芝居2015年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

カヤネズミのおかあさん

キム・ファン 脚本/福田 岩緒

カヤネズミは、ススキの葉っぱをほそくさき、まるくあんで巣をつくり、子そだてをします。でも子そだてはきけんがいっぱいです! カヤネズミの巣作りと子育てを描く紙芝居。

  • 4・5歳~
  • 2015年8月1日初版
  • 定価2,090円 (税込)
  • 立ち読み