単行本図書

ちいさな宇宙の扉のまえで
続・糸子の体重計

ちいさな宇宙の扉のまえで

立ち読み

いとうみく 作/佐藤真紀子

細川糸子と同級生の、町田良子、坂巻まみ、滝島径介。そして、転校生の日野恵。この5人の視点で語られる、5つの物語。

6年1組・細川糸子。がさつで粗雑と言われるが、そのまっすぐな言葉は、かかわる人に時に大きな影響を与えることを、当の本人は知るよしもない。おいしいものを食べることが生きがい。
糸子が盲腸で入院している間に転校してきた日野恵。糸子との距離をグイグイつめて親友であろうとするが、糸子にはその真意がはかりかね、消耗するばかり……。
転校すればリセットできる。新しい自分になれる、そう思っていたけど、わたしはニセモノの仮面をかぶっていただけ。そんなわたしに本当の友だちなんてできるはずがない。
町田良子。才色兼備でクールな一面の裏で、糸子との出会いによって、他者とかかわる心地よさに気づき、あるべき自分を探し求める。思いはことばにしなきゃ伝わらない。わたしもいつかきっと。
坂巻まみ。町田良子に憧れる気持ちの真ん中にある、自分自身の感情に気づき、疑い、うろたえて、やはりそうなんだと自覚し向き合う。いまはまだこの思いを言葉にして伝えることはしない。でもいつか、自分自身を好きになれたらそのときは。
滝島径介。母は深夜までスナックで働いている。アパートでふたり暮らしの生活。思いがすれちがう日々。話をしよう。母さんの気持ちを聞いて。オレの思いを伝えて。母さんに大事なことをあきらめてほしくない。オレもオレが幸せになることをあきらめたりなんてしない。ちょっと図々しくなればいい。だいじょうぶ。

前作『糸子の体重計』では5年生だった子どもたちは、6年生になった。
相変わらず、小さなことでいじけて、羨んで、けんかして。
うじうじ悩んで、転んだりへたりこんだり、だれかのせいにしたり、逃げたり。
そして迎える、卒業式??

  • 定価1,650円 (本体1,500円+税10%)
  • 初版:2022年5月27日
  • 判型:四六判/サイズ:19.4×13.4cm
  • 頁数:312頁
  • 小学5・6年~
  • ISBN:978-4-494-02077-5
  • NDC:913

感想を書く

読者の声

読者さま

細川糸子様(62歳・女性)

細川糸子様
卒業おめでとう。10年たって、又会えるとは思わなかったから、とても嬉しかったです。
変わらない糸子ちゃんでほっとしたけど、きっとちょっとずつ大人になってると思いました。中学生になっても、元気でおいしく食べられる糸子ちゃんでいて下さい!!

もっと見る

2022/8/3

<2022年版・連載>この夏の読書感想文に! 学年別おすすめ作品(小学校5・6年生)

ここ数年の新刊から、読書感想文におすすめの作品を学年別に3回にわけてご紹介します。第3回は「小学校5・6年生」むけです。(*<2022年版・連載>「小学校1・2年生」むけ読書感想文におすすめの作品はこ ...

続きを読む

2022/7/29

<メディア>7/23毎日小学生新聞にて『ちいさな宇宙の扉のまえで 続・糸子の体重計』が紹介されました。

7月23日(土)の毎日小学生新聞「作家に聞く」コーナーにて、『ちいさな宇宙の扉のまえで 続・糸子の体重計』の著者、いとうみくさんのインタビューが掲載されました。デビュー作『糸子の体重計』から10年、続 ...

続きを読む

2022/6/9

<新刊紹介>デビュー作から10年! 待望の続編『ちいさな宇宙の扉のまえで 続・糸子の体重計』

2012年のいとうみくさんのデビュー作『糸子の体重計』から10年。記念すべき節目の年に、『糸子の体重計』の続編、『ちいさな宇宙の扉のまえで 続・糸子の体重計』が刊行されました。糸子をはじめとした前作の ...

続きを読む

2022/6/2

『ちいさな宇宙の扉のまえで 続・糸子の体重計』いとうみくさんインタビュー

2012年に『糸子の体重計』でデビューした、児童文学作家のいとうみくさん。それから10年、これまでに約50作もの作品を発表してきました。そしてデビュー10周年となる今年、デビュー作の続編『ちいさな宇宙 ...

続きを読む

2022/6/1

<メディア>『ちいさな宇宙の扉のまえで 続・糸子の体重計』プレスリリースを配信しました。

いとうみくさん最新作『ちいさな宇宙の扉のまえで 続・糸子の体重計』のプレスリリースを配信しました。デビュー10周年! 児童文学作家・いとうみくさん最新作は、デビュー作の続編『ちいさな宇宙の扉のまえで  ...

続きを読む