単行本図書

新版 科学者の目

新版 科学者の目

立ち読み

かこ さとし 文・絵

科学技術史に偉大な足跡をのこした41人の発想や着眼点のユニークさを、工学博士・技術士としての視点からわかりやすく描いた人物伝。
1969年11月から朝日新聞日曜版の子ども欄に連載後、1974年に刊行され、子どもたちに科学への興味と科学者への憧れを抱かせる本として、多くの読者の心に残る作品でした。
本書『新版 科学者の目』では、巻末の科学技術史略年表を更新、かこさとしさんのご長女・鈴木万里さん(加古総合研究所)のあとがき、日本の子どもたちの科学への関心に心を注いだ、科学者かこさとしさんの姿が心にせまる伝記集です。

  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 初版:2019年7月5日
  • 判型:A5判/サイズ:21.7×15.5cm
  • 頁数:199頁
  • 小学5・6年~
  • ISBN:978-4-494-02057-7
  • NDC:402

感想を書く

■十社の会ホームページ試し読み・動画コーナー
 新版 科学者の目[全1巻]

読者の声

読者さま

かこさとしさんの暖かい眼差しが文章に現れており、自分が科学好きになったきっかけとなった本です。(55歳・男性)

子供の頃、恐らく図書館で読み、その後フォア文庫版を購入し、今でも持っています。 記憶に残るのは、レフ・ランダウと日本人の女性科学者ですが、目次を見て、その方が丹下ウメさんだと思い出しました。その他にも、確か100までの加算を瞬く間に行った幼き日のガウス、千里眼を暴いた山川健次郎など思い出します。  いずれの科学者についても、かこさとしさんの暖かい眼差しが文章に現れており、自分が科学好きになったきっかけとなった本です。また、この本が新版で出されるというのは大変嬉しい事です。
読者さま

偉人の業績が分かりやすくまとめてあり、1人ひとり読んでいくのが楽しかった。(図書館関係者さん・女性)

文章スタイルが定形で、知られざる偉人の人となりから紹介が始まり、親しみを持ちながら読み進めることができるところが良い。
朝時間など決められた時間に区切りよく読める点もよい。
カラーページもなく、地味で固い印象を受けるが、偉人の業績が分かりやすくまとめてあり、1人ひとり読んでいくのが楽しかった。

もっと見る

書評

毎日新聞 2019年12月8日 書評執筆者が選ぶ「2019 この3冊」
磯田道史(国際日本文化研究センター准教授・日本近世・近代史)
母のひろば663号 (2019年8 月15日発行)
鋭く優しいかこさんの「目」

 古今東西の科学者41人の業績と生涯を描いた読み物ですが、その人選も描きかたも、かこさんならではのユニークなものです。ニュートン、ダーウィン、キュリー夫人、湯川秀樹など定番の人はなく、代わりにブンゼン(化学実験で使われる数々の器具を発明)、祖沖之 (中国で5世紀にすでに円周率πの値を小数点以下6桁まで求めた)など一般にはあまり知られていない科学者を多く紹介しています。ただ単にすごい発見をした偉い人ということではなく、「真の科学者はどういう態度でなければいけないかを知り、科学をおそれたり毛ぎらいするのでなく、私たちのものとして使いこなすようにしてほしいと願って」書いたとかこさんも述べています。
 どの人もそれぞれの扉にオリジナルの肖像画が描かれ、副題としてその人の「目」を一言で表現しているのも面白いです。たとえばアボガドロ数で知られるアボガドロは「分子をとらえたカメレオンのまなこ」、電気生理学を切り開いたガルバーニは「カエルよ許したまえ、目ざとく動いたあの目玉」など、どれもかこさんの面目躍如の表現です。巻末にここで挙げられた科学者を含む科学・技術史略年表がついているのも参考になります。
 本書は1974年に刊行された本の新装版ですが、45年の月日を経ても古さは感じさせず、かこさんの「目」は鋭くかつ優しく、子どもたちに科学の世界を紹介しています。
福田晴代(ふくだ はるよ/科学読物研究会会員)

2021/11/26

〈東京〉かこさとしの世界展だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!

12月3日より八王子市夢美術館にて、2020年に会期途中で中止となった特別展「かこさとしの世界展 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!」が再開催されます。お近くの方はぜひお立ち寄りください。◆  ...

続きを読む

2021/7/27

<連載>この夏の読書感想文に! 学年別おすすめ作品(小学校5・6年生)

夏休み、読書感想文におすすめの作品を学年別に3回にわけてご紹介しています。第3回は「小学校5・6年生」むけです。(*「小学校1・2年生」むけ読書感想文におすすめの作品はこちら)(*「小学校3・4年生」 ...

続きを読む

2020/1/27

<東京>2/1(土)より「かこさとしの世界展」が開催されます!

絵本作家・かこさとしさんの特別展「かこさとしの世界展 だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!」が下記の日程で開催されます。本展では、数々の絵本原画や創作にまつわる資料が展示されます。楽しく発見に満 ...

続きを読む

2019/12/23

<ニュース>かこさとしさんの名作&待望の復刊!

12月22日、アンコール放送となった「日曜美術館 かこさとし最期のメッセージ 未来を生きる子どもたち大人たちへ」(NHK Eテレ)。科学絵本作家のさきがけとして多くの作品を残したかこさとしさんの代表 ...

続きを読む

2019/12/20

12/22 「日曜美術館」かこさとしさん特集のアンコール放送決定!

今年7月に放送された「日曜美術館」のかこさとしさんの特集のアンコール放送が決まりました。かこさんが手がけた科学絵本の代表作として『たべもののたび』も紹介されています。放送予定は、下記の日程です。どうぞ ...

続きを読む

2019/12/10

12月8日(日)毎日新聞朝刊に『新版 科学者の目』が紹介されました。

12月8日(日)毎日新聞朝刊のコーナー、書評執筆者が選ぶ「2019 この3冊」にて、『新版 科学者の目』が紹介されました。他2冊とともに、磯田道史さん(国際日本文化研究センター准教授・日本近世・近代史 ...

続きを読む

2019/10/25

<京都>かこさとしの世界展

国民的な絵本作家・かこさとしさんの特別展「かこさとしの世界展  だるまちゃんもからすのパンやさんも大集合!」が下記の日程で開催されます。本展では、絵本原画や創作にまつわる資料を展示、楽しく発見に満ちた ...

続きを読む

2019/7/16

〈新刊図書〉『新版 科学者の目』

昨年5月、惜しまれながらこの世を去った絵本・紙芝居作家のかこさとしさん。かこさんによる古今東西の科学者たちの伝記集『科学者の目』が、新版として今月、装いも新たに生まれ変わりました。1974年に刊行され ...

続きを読む

2019/7/12

専門紙「文化通信」に『新版 科学者の目』が紹介されました。

「文化通信」記事では、『新版 科学者の目』の特徴や、本書刊行までの経緯などが書かれています。どうぞお読みください。なお記事は、こちらの「文化通信」デジタル版でもお読みいただけます。

続きを読む