日・中・韓平和絵本

くつがいく

くつがいく

立ち読み

和歌山静子

70年前、日本の兵隊たちはアジアの国ぐにで何をしたのか。幼いころ、何もわからず戦争を体験した作家が、あらためて戦争とは何かを問いただす。兵隊たちに履かれて海をわたり、戦場に行った靴たち。その運命をとおして、ほんとうの戦争のすがたを描き、平和を守ることの大切さをうったえる。そして、少女はいま、はっきりと自分の意志を伝える。「わたしはわたしの未来を生きていく。わたしの未来に戦争はいらない」と。

  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
  • 初版:2013年3月20日
  • 判型:B5変型判/サイズ:20.7×22.2cm
  • 頁数:36頁
  • 小学1・2年~
  • ISBN:978-4-494-01969-4
  • NDC:913

特集ページ

感想を書く

70年前、日本の兵隊たちはアジアの国ぐにで何をしたのか。
幼いころ、何もわからず戦争を体験した作家が、あらためて戦争とは何かを問いただす。
兵隊たちに履かれて海をわたり、戦場に行った靴たち。その運命をとおして、ほんとうの戦争のすがたを描き、平和を守ることの大切さをうったえる。
そして、少女はいま、はっきりと自分の意志を伝える。
「わたしはわたしの未来を生きていく。わたしの未来に戦争はいらない」と。

読者の声

泣きました
泣きました。戦争の悲しさを、命の儚さを痛感しました。平和の尊さを小さいうちから伝えていかなくてはなりません。中国では、日本の孤児になった絵を各地で展示してくれているそうですが、お互いをよく知り、戦争は悲しいことだと知ることが大切だと思います。(79歳)

2019/8/6

「よい絵本」読書活動ノートデジタル版ができました!

全国学校図書館協議会(全国SLA)が1977年以来、学校や家庭、地域で子どもたちへの読み聞かせや絵本をすすめるときの、選書の手がかりとなる優れた絵本リストとして、発表し、解説目録などを発行してきた「よ ...

続きを読む