単行本図書

本の力
私の絵本制作秘話

本の力

立ち読み

酒井 京子

多くの優れた絵本・紙芝居を生み出してきた編集者であり、現童心社会長である酒井京子が、数々の傑作がいかにして誕生したかを生き生きと語る。作家・画家、そして新人編集者が格闘し三位一体となって、3年がかりでつくりだした『おしいれのぼうけん』。社内の強い反対と闘いながら出版、大ヒットとなった「14ひきのシリーズ」──本を創るとはどういうことなのか。クリエイター達の熱い思いがまざまざと伝わってくるエッセイ。

  • 全国学校図書館協議会選定
  • 定価1,650円 (本体1,500円+税10%)
  • 初版:2021年6月22日
  • 判型:四六判/サイズ:19.4×13.2cm
  • 頁数:126頁
  • 一般~
  • ISBN:978-4-494-01740-9
  • NDC:914

感想を書く

読者の声

読者さま

どうしても読んでみたくなり購入しました。(69歳・女性)

「母のひろば」でこの本の紹介があり、どうしても読んでみたくなり購入しました。1960年代後半からの大学生活で絵本・児童書について学びました。作品が出来上がるまでの過程を知り感銘を覚えました。『おしいれのぼうけん』『ダンプえんちょうやっつけた』は子ども達の大好きな作品の中の1つで毎年5才児の子ども達に読んでいます。
読者さま

とてもわかりやすい文章で、本を作り出す情熱が伝わってくる本でした。(69歳・男性)

9月11日の山梨日日新聞の書評欄で、紹介されたこの本を早速ネットでとりよせ、一気に読了いたしました。とてもわかりやすい文章で、本を作り出す情熱が伝わってくる本でした。薄ピンク色の表紙、ちょっと厚手の紙と間に入ったカラーページも感じよく、谷口さんの装画・装幀のすばらしさも感じました。古い時代の出版業界の息吹も感じられ、同世代の人間としてとてもなつかしかったです。
読者さま

編集担当のご苦労、力量が問われることも伝わりました。(72歳・男性)

1冊の絵本をうみだすための関係者のカットウがよくわかりました。このような議論や経過をたどるからこそ、深みのある見ごたえのする作品になるのだと思いました。編集担当のご苦労、力量が問われることも伝わりました。だからこそ、「おしいれ」も「14ひき」も「いないいないばあ」も読みつがれていることに納得!
読者さま

この本を世に送りたいという熱意が何より大切な事もわかりました。(75歳・女性)

この年になるまで数えきれない程の本を読んできたが、いつも 良い本だ などと感動していたのは、作家であった。しかし、酒井さんの『本の力』を読んで、本を世におくり出す事は、作家・さし絵画家・編集者の三位一体の努力と力がなくては出来ないことを知りました。そして、どうしてもこの本を世に送りたいという熱意が何より大切な事もわかりました。
読者さま

酒井さんの講演会に出席したような気持ちになりました。(59歳・女性)

実際にお会いして、話を聞きたくもなりました。
仕事をするということ、本の力を子どもたちに手渡すということ、やっぱりいいなぁと感じました。
読者さま

新聞で『本の力』の記事があり、さっそく注文しました。(79歳・女性)

私自身、保育の仕事をして『おしいれのぼうけん』のすばらしさを知っていましたが、とても興味を持って作者方々の思いや努力を読み、出来上がるまでのエピソードを知りました。『いないいないばあ』のすばらしさは「読みきかせ」の現場で実感しています。ありがとうございました。
読者さま

読者としても働く女性としても興味深く読ませていただきました。(58歳・女性)

2021年7月10日の毎日新聞に書評が載っていて7月11日に本屋へ...。一気に読みました。自分も2人の娘の子育てをし、保育園にも通わせ、また仕事が小学校教員なので絵本には長くかかわっています。読者としても働く女性としても興味深く読ませていただきました。小学校でもデジタル化が進み今までとは違う学習方法が入っていますが、人と人との真剣な気持ちの交流は変わりませんね。

もっと見る

2021/6/30

<メディア>6/29毎日新聞にて『おしいれのぼうけん』が紹介されました。

6月29日、毎日新聞夕刊のコラム「あした元気になあれ」にて、『おしいれのぼうけん』が紹介されました。古田足日さんとともに『おしいれのぼうけん』を手がけた田畑精一さんの言葉をあつめた本『ありがとう 絵本 ...

続きを読む

2021/6/28

<メディア>6/27読売新聞にて『本の力』が紹介されました!

『おしいれのぼうけん』「14ひきのシリーズ」などのロングセラー絵本誕生の裏側を、担当編集者が生き生きと語るエッセイ、『本の力 私の絵本制作秘話』が6月27日(日)の読売新聞朝刊「著者来店」コーナーにて ...

続きを読む

2021/6/25

<新刊紹介>『おしいれのぼうけん』編集者が生き生きと語る傑作絵本誕生の裏側

今日ご紹介するのは、長年童心社の編集者として多くの作品を世に送り出してきた酒井京子(童心社会長)の著書、『本の力 私の絵本制作秘話』です。著者は1969年の入社以来、絵本と紙芝居の編集に携わってきまし ...

続きを読む