絵本・こどものひろば

じょうききかんしゃビーコロ

じょうききかんしゃビーコロ

立ち読み

ミノオカ・リョウスケ 作・絵

ビーコロは工場の中だけしか走れない、小さな蒸気機関車。いつか外を思いきり走ってみたいと思いながら、毎日働いている。そんなビーコロのために、仲間の機関車たちが特別すてきな計画を立てました。

紙コップを使ったビーコロのかわいい工作ができました。型紙をダウンロードしてみんなで作ってみよう!
詳しくはこちらをご覧ください。https://www.doshinsha.co.jp/news/detail.php?id=1791

  • 厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財 特別推薦(2020年)
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税)
  • 初版:2019年8月26日
  • 判型:B5判/サイズ:19.1×26.6cm
  • 頁数:36頁
  • 4・5歳~
  • ISBN:978-4-494-01568-9
  • NDC:913

感想を書く

読者の声

毎日何度も本棚の前で「ぽっぽー」と言い、ビーコロを読んで欲しいとせがんで楽しそうにページをめくっています。
1歳の子どものために買いました。 電車と新幹線はどちらも「でんしゃ」と言うのに、機関車は「ぽっぽー」と区別している様子だったので、何か機関車の本はないかと探していた際にこの本と出会いました。 字も沢山あるし、1歳にはまだ早いかな?と思いましたが、絵やお話がとっても素敵だったので買うことに決めました。 子どもは表紙を一目見てパッと表情が変わり「ぽっぽー!」と言いました。 毎日何度も本棚の前で「ぽっぽー」と言い、ビーコロを読んで欲しいとせがんで楽しそうにページをめくっています。 人間に交じって描かれている犬や猫を見つけて「わんわん、にゃーにゃー」と指を指して教えてくれます。 絵本らしいかわいさもあるし、機関車の力強さや迫力も感じられる素敵な本だと思います。 絵本を携えて、京都鉄道博物館にも連れていきたいと思います。(女性)
電車好きな方にはたまらないのでは
私は汽車、電車には全く知識がないのですが、お好きな方にはたまらないのではないでしょうか。
ビーコロと呼ばれた機関車は、工場の中でしか走ることがなく、しかも数も少なかったそう。
現在では見ることさえも困難な貴重な車両が、絵本の中では生き生きと伸び伸びと描かれています。
(書店関係者・女性)

書評

それぞれの特別を認める世の中でありたい 田口幹人 母のひろば664号 2019年9月15日
 鉄道を題材とした小説を好んで読む僕は、鉄道ファンの分類としては「読み鉄」と呼ばれるジャンルに属している。僕が鉄道小説を好む理由の1つは、ちょっと時代おくれの愚直さを感じることができるからだ。電車を走らせるため、油にまみれ、黙々と汗して働く者たちの誇りを感じる鉄道小説は、この世の中は陰で支える多くの人たちがいることで成り立っているという、とかく忘れがちだが、大切なことを思い起こさせてくれる。 
 本書は、機関車の修理とメンテナンスをする工場の中だけで働く蒸気機関車・ビーコロが主人公の物語だ。工場の中で働くために作られたビーコロは、強く走ることも、速く走ることもできない。修理やメンテナンスのために工場内に運ばれてきた機関車や工場内の荷物を運ぶのが彼の仕事だ。 
 重い貨車をたくさん引き連れ、遠くのまちまで運ぶため、4つの動輪を持つ力強い機関車。大きな動輪を持ち客車を牽引する特急機関車。古いが佇たたずまいが美しく、現役で荷物や乗客を運び続ける機関車。工場には、様々な役割を担う機関車がやってくる。そのたびに、工場内でそれらの機関車を運びながらビーコロは思うのだった。 
 「工場の外で堂々と走ってみたい」、と。 
 ビーコロは、勇気を出して工場の外を走ることに挑戦する。ビーコロの前に真っすぐに伸びる線路が、どの様に彼の目に映ったのかは、ぜひ読んで確かめてほしい。 
 「うまくできるだろうか」という不安が頭をよぎったとき、行動を起こすことで不安が解消されることがある。1歩踏み出すことで、生まれた不安を共に抱えてくれる人たちがいることを知る。 
 重い荷物を遠くへ運ぶことができず、乗客を乗せて速く走ることもできない、工場の中だけで働く特別な機関車。特別なことをするために特別な訳ではない。普段通りの当たり前のことをするためにある特別がある。それぞれの特別が補い合うことで普段通りが続くのだ。またしても、とかく忘れがちだが、誰かの特別を認める大切さを機関車に教えてもらうという、読み鉄としては至福の読書体験をさせてもらった。 
 もっと娘が小さかった時に出合いたい物語だった。読み終えた後、幼かった頃の娘に読み聞かせをしてあげたいと思える物語だった。読み終わった後の娘との語らいを想像してみる。きっと妻とは違った視点で、「特別」ということを、社会との接点として、娘に伝えることができたかもしれない。母親が読むものとは違うジャンルは、子どもたちにとっては好奇心を刺激することにつながるのではないだろうか。 
 読み鉄として、1人の父親として、強く思う。本書を通じ、たくさんの親と子、とくに父と子のコミュニケーションが生まれてほしいと。(たぐち みきと/リーディングスタイル)

2020/6/12

『ちび竜』『じょうききかんしゃ ビーコロ』児童福祉文化財特別推薦! 立派な盾を頂きました!

今年3月に、子どもたちの健やかな育ちに役立つ作品として「児童福祉文化財」から特別推薦に選定された、『ちび竜』『じょうききかんしゃ ビーコロ』。写真のような立派な盾を頂きました。ありがとうございます!『 ...

続きを読む

2020/4/2

『ちび竜』『じょうききかんしゃ ビーコロ』が、児童福祉文化財特別推薦に選定!

厚生労働省の社会保障審議会福祉文化分科会では、毎年、子どもたちの健やかな育ちに役立つ、書籍、舞台、映像作品ですぐれたものを「児童福祉文化財」として推薦しています。本年度の書籍は全体で32点が選ばれ、童 ...

続きを読む

2020/1/10

<京都>大垣書店イオンモールKYOTO店にて『じょうききかんしゃビーコロ』よみがたり&工作ワークショップ開催!

小さなきかんしゃの大きな夢を描いた絵本『じょうききかんしゃビーコロ』。1月18日(土)、京都市の大垣書店イオンモールKYOTO店にて、著者ミノオカ・リョウスケさんによる工作ワークショップが行われます。 ...

続きを読む

2020/1/8

〈大阪・梅田〉1/12(日)に『じょうききかんしゃビーコロ』ワークショップが開催されます!

昨年刊行となった絵本『じょうききかんしゃビーコロ』。絵本に登場するビーコロを著者ミノオカ・リョウスケさんと作る工作ワークショップ、そしておはなし会とサイン会が1月12日(日)に梅田 蔦屋書店店頭にて行 ...

続きを読む

2019/12/27

2020年1月に『じょうききかんしゃビーコロ』ワークショップが関西エリアで開催されます!

今年8月に刊行となった絵本『じょうききかんしゃビーコロ』。絵本に登場するビーコロを著者ミノオカ・リョウスケさんと作る工作ワークショップ、そしておはなし会とサイン会が1月に関西エリアの書店店頭にて行われ ...

続きを読む

2019/12/4

<神奈川県>12/8「こどもの本のみせ ともだち」にて『じょうききかんしゃビーコロ』ワークショップ開催!

12月8日(日)、神奈川県横浜市の「こどもの本のみせ ともだち」が開催するクリスマスフェアにて、『じょうききかんしゃビーコロ』の著者、ミノオカ・リョウスケさんの工作ワークショップが行われます。『じょう ...

続きを読む

2019/11/25

ペーパー工作「はしれ!ビーコロ」を作ってみよう!

自分らしさを見つける小さな機関車の物語『じょうききかんしゃビーコロ』。主人公のビーコロが、かわいい工作になりました。作者のミノオカ・リョウスケさんご考案の、手のひらサイズのビーコロです。指を入れてトコ ...

続きを読む

2019/10/18

<兵庫県>流泉書房にて『じょうききかんしゃビーコロ』パネル展示中!

兵庫県神戸市にある流泉書房様にて、『じょうききかんしゃビーコロ』のパネル展示が行われています。著者のミノオカ・リョウスケさんは兵庫県のご出身。ミノオカさんが生まれ育った町には蒸気機関車の製造、数多くの ...

続きを読む

2019/10/18

<秋のおすすめ絵本>小さな機関車の大きな夢『じょうききかんしゃビーコロ』

行楽の秋。鉄道が大好きなお子さんと蒸気機関車に乗ってみようと計画されているご家庭もあるのではないでしょうか。今日ご紹介するのは、蒸気機関車が主人公の絵本『じょうききかんしゃビーコロ』です。皆さん ...

続きを読む

2019/10/18

本日の東京新聞朝刊に『じょうききかんしゃビーコロ』紹介記事が掲載

8月末に刊行された新刊絵本『じょうききかんしゃビーコロ』。機関車工場で働く小さな機関車が主人公の絵本です。本日10月18日の東京新聞朝刊生活面の絵本紹介コーナーにて紹介されました。記事はこちらの「東京 ...

続きを読む

2019/8/8

『じょうききかんしゃビーコロ』NetGalley掲載スタート

〈書店・図書館関係者様〉今月26日、絵本『じょうききかんしゃビーコロ』(ミノオカ・リョウスケ作)が刊行されます。物語の主人公は、機関車工場の中で働く小さな機関車ビーコロ。はたらきもののビーコロですが、 ...

続きを読む

2019/8/8

<神奈川>「平和って、いいね! 鎌倉えほん作家大集合!」が開催されます。

鎌倉界隈のえほん作家が集まり、平和への思いを子どもたちに届けるイベントが下記の日程で開催されます。ぜひ、親子連れで足をお運びください。日時:2019年8月21日(水)開場13:00 開演13:30〜場 ...

続きを読む