ももんちゃん あそぼう

ももんちゃん どすこーい

ももんちゃん どすこーい

立ち読み

とよた かずひこ さく・え

ももんちゃんがひとりですもうあそびをしています。どすこーい、どすこーい。すると、さぼてんさんときんぎょさんがやってきました。

  • SLA選定
  • 定価880円 (本体800円+税10%)
  • 初版:2001年9月10日
  • 判型:B5変型判/サイズ:21×18.7cm
  • 頁数:24頁
  • 0・1歳~
  • ISBN:978-4-494-00137-8
  • NDC:913

特集ページ

感想を書く

読者の声

これからも本の好きな子でいてほしいです。
『どんどこ ももんちゃん』を娘がとても気に入って「どこどこ!どこどこ!」とせがんで(本人はどんどこと言っているつもり)いるので『どすこーい』の方も購入してみました。今度は「どしーん」「どすこーい」も覚えてくれそうです。とよたかずひこ先生から届いたハガキを喜んでだいじそうになでなでしたあと、ももんちゃんに“チュ”をしてました。ありがとうございました。(H.Nさん・30歳・女性)
心を和ませてくれる、そこはかとないユーモアに親娘3人大ファンです。
2才になる下の娘はオムツ姿のももんちゃんに特別の親近感を抱いたようです。「もーもー」と呼んで指しています。6才の上の娘は「どすこい どすこい」とおすもうさんのまねっこをしては、下の娘に「ほらっ!おすもうさんだよぉ」と教えてくれます。(I.Hさん・40歳・女性)
「ももんちゃん どすこーい」の感想
簡潔な絵と文章で小さな子にとっては、とても受け入れやすい絵本です。読み終わったあとは、ももんちゃんをマネて、「どすこーい どすんどすん」とお相撲ごっこになりました。(J.Aさん・39歳・女性)
子どもとの距離が近くなりました。
幼稚園で読み聞かせをしています。今までどんな本にも反応しなかった大人しい男の子が、『ももんちゃん どすこーい』を読んであげたら、「どすこーい」と声を出しました。とても喜んでくれ、その子の笑った顔をはじめて見ました。絵本の力に本当に助けられました。(H.Aさん・40歳・女性)
“ももんちゃん”が娘にそっくりで
表紙を見た途端、気に入りました。中の絵もとてもかわいく、字も大きく言葉も簡単。そして何より、娘はおすもうさんが大好きなのです。絵本のももんちゃんと一緒に「どすこーい!」とやっています。(Y.Iさん・39歳・女性)

2021/6/21

<連載・ももんちゃんとおともだち>ももんちゃんのなかよし! いえば……

今年20周年を迎えた「ももんちゃん あそぼう」シリーズ。ただいま「2021 春のももんちゃんまつり」キャンペーンを実施中です。抽選で300名の方に特製ゆびにんぎょうをプレゼント!ご応募の締切は7月末日 ...

続きを読む

2021/3/25

シリーズ20周年!「ももんちゃん あそぼう」とよたかずひこさん インタビュー

2021年2月 アトリエの屋上にて。2021年、「ももんちゃん あそぼう」シリーズは20周年を迎えます。この3月に23作め(※)となる新刊『ももんちゃん どこへいくのかな?』が刊行となった、作者のとよ ...

続きを読む

2021/2/26

<ニュース>今年もやります! シリーズ20周年「春のももんちゃんまつり!」

2001年、『どんどこ ももんちゃん』、『ももんちゃん どすこーい』の2作でスタートした「ももんちゃん あそぼう」シリーズ。おかげさまで今年20周年を迎えます。恒例となりました「春のももんちゃんまつり ...

続きを読む

2020/5/18

<連載・だいすき!ももんちゃん>元気いっぱい体をうごかそう!「わんぱく ももんちゃん」

子どもたちにとって、毎日気持ちよく体を動かすことはとても大切です。歩く、走る、ジャンプする、手や足を動かす、そしてお父さんお母さんと体をつかってたくさん遊ぶ。ももんちゃんもそんな遊びがだいすきです ...

続きを読む