2020.05.18

<連載・だいすき!ももんちゃん>元気いっぱい体をうごかそう!「わんぱく ももんちゃん」

子どもたちにとって、毎日気持ちよく体を動かすことはとても大切です。
歩く、走る、ジャンプする、手や足を動かす、そしてお父さんお母さんと体をつかってたくさん遊ぶ。

ももんちゃんもそんな遊びがだいすきです。
今日は読んだあと体をうごかしたくなる「わんぱく ももんちゃん」編をお届けします。


『ももんちゃん ぴょ~ん』

ももんちゃんとおともだち、あたまを「くりんくりん」したり、うでを「ぶらんぶらん」したり。

やってきたうさぎさんとかえるさんにあわせて、こんどは「ぴょんぴょん」とびはじめましたよ。
そしてみんないっしょに……おおきく「ぴょ~ん」!

両足ジャンプができるようになって嬉しい子にぴったり!
じょうずに「ぴょ~ん」できたあとは、ももんちゃんのように笑顔でたくさん「よくできました」をしてくださいね。


『ももんちゃん どすこーい』

さばくに立っている、さぼてんさん。きんぎょばちにおよいでいる、きんぎょさん。

ひとりおすもうをとっているももんちゃんが「どすこーい」どしーんとするたびに、さばくもきんぎょばちもゆれて、ふたりは飛び出しました。

すた すた すた すた
ちゃぽ ちゃぽ ちゃぽ ちゃぽ

ももんちゃんのところに、さぼてんさんときんぎょさんが遊びにやってきました。さあ、おすもうのはじまりです。

シリーズ第2作。さぼてんさんときんぎょさんが初めて登場した作品でもあるんですよ。


『まてまて ももんちゃん』

「まてまて」と、ももんちゃんをおいかけるのは、あまつぶさんです。
つかまえられなくて、ざんねん。するとかえるさんやペンギンさん、きんぎょさんもおいかけてきました。
ももんちゃん、つかまえられるかな?

「まてまて」「つかまえた!」そんなシンプルなおいかけっこが子どもはだいすきです。
読んだあとは、おいかけたりおいかけられたりしてたくさん遊んでくださいね。


『かくれんぼ ももんちゃん』

「もー いいかい」「まーだだよ」
ももんちゃんは、かくれんぼもスケールが大きい!

海へはいったかと思うと、島のかげに「おふねさん みーつけた」。くるまさんやひこうきさんもみつけたももんちゃん。
つぎのおには、おふねさんです。

のりものがすきな子にもぴったりの1冊。


『ぱかぱか ももんちゃん』

ぱかぱか ぱかぱか ぱかぱか ぱかぱか

とおくからかけてきたのは、しまうまさん。よく見るとももんちゃんがのっています。
しまうまさんはおかあさんのところへいそいでいたのでした。
ほっぺとほっぺを「ぴたっ」として、本当にしあわせそう。

ももんちゃんも「とっとこ とっとこ」かけていってたどり着いたのは……?

読んだあとはきっとおうまさんごっこがはじまることでしょう。
「ぱかぱか」「ぱからん」など音の楽しさも魅力です。




体を思いきりうごかせば、気持ちもすっきり!
親子ですごす日々のなかで、くり返し楽しんでくださいね。

(とよたかずひこ さく・え)

300名の方にももんちゃんゆびにんぎょうをプレゼント!
「2020春のももんちゃんまつり!」
https://www.doshinsha.co.jp/special/momonchan/matsuri/index.html

あなたにぴったりのももんちゃんはどれかな?
https://www.doshinsha.co.jp/special/momonchan/pittari/
ももんちゃん ぴょ~ん

ももんちゃん あそぼう

ももんちゃん ぴょ~ん

とよた かずひこ さく・え

ももんちゃんが、頭をくりんくりんくりん。きんぎょさん、さぼてんさん、おばけさんも、くりんくりんくりん。
おひざもぐりんぐりんぐりん、腕もぶらんぶらんぶらんとしたら、うさぎさん、かえるさんがぴょんぴょんぴょんと、やってきました。
ももんちゃんもぴょんぴょんぴょん。そして、みんなで「ぴょ~ん」したら、ぱちぱち~。

リズミカルな音に合わせて、子どもたちも一緒に体を動かしたくなる絵本。シリーズ17作目。

  • 0・1歳~
  • 2014年9月25日初版
  • 定価880円 (本体800円+税10%)
  • 立ち読み
ももんちゃん どすこーい

ももんちゃん あそぼう

ももんちゃん どすこーい

とよた かずひこ さく・え

ももんちゃんが、ひとりでおすもうをとっています。

どすこーい どしーん
どすこーい どしーん

大きくゆれたら、さぼてんさんが地面からぬけて、きんぎょさんが金魚鉢からとびだした!?

すた すた すた すた……
ちゃぽ ちゃぽ ちゃぽ ちゃぽ……

さぼてんさんと、きんぎょさんが向かったのは、どこでしょう?

『どんどこ ももんちゃん』と同時刊行された、大人気「ももんちゃん あそぼう」シリーズの第2作。シリーズでおなじみの、さぼてんさんときんぎょさんが初登場します。あかちゃんをおひざにのせて、「どすこーい どしーん」と、一緒にゆれながら読むのも楽しい絵本です。

  • 0・1歳~
  • 2001年9月10日初版
  • 定価880円 (本体800円+税10%)
  • 立ち読み
まてまて ももんちゃん

ももんちゃん あそぼう

まてまて ももんちゃん

とよた かずひこ さく・え

「とっとこ とっとこ」ももんちゃんがはしっています。そこへ…くもからあまつぶさんたちが落ちてきます。「まてまて まてまて ももんちゃん」あまつぶさんは、ももんちゃんをおいかけますが…ざんねん、追いつきません。
つぎに池からあらわれたのは、かえるさん、ペンギンさん、きんぎょさん。みんな「まてまて まてまて」とももんちゃんを追いかけますが…ももんちゃんは「とっとこ とっとこ」はしっていきます。「まてまて まてまて ももんちゃん」ついにきんぎょさんが「つかまえた!」。ところが、「するり」。ざんねん、やっぱりつかまりません。ももんちゃんはどんどんはしっていきます。
こんどは、ももんちゃんが「まてまて まてまて」。「つかまえた!」ももんちゃんが追いかけていたのは?

  • 0・1歳~
  • 2013年12月10日初版
  • 定価880円 (本体800円+税10%)
  • 立ち読み
かくれんぼ ももんちゃん

ももんちゃん あそぼう

かくれんぼ ももんちゃん

とよた かずひこ さく・え

ひろい野原で、ももんちゃんがかくれんぼをしています。「もーいいかい」「まーだだよ」「もーいいかい」「もーいいよ」。とっとこ、とっとこ。ばちゃばちゃばちゃばちゃ。

ももんちゃんは海だって平気。何がかくれているのかな。島のかげにかくれていたのは、船さんでした。つぎは、林のかげに車さん。さいごは、雲のかげに飛行機さん。みんな、みーつけた。つぎは、だれが、おにかな。

大人気「ももんちゃん あそぼう」シリーズ第5作。

  • 0・1歳~
  • 2003年4月30日初版
  • 定価880円 (本体800円+税10%)
  • 立ち読み
ぱかぱか ももんちゃん

ももんちゃん あそぼう

ぱかぱか ももんちゃん

とよた かずひこ さく・え

ぱかぱかぱかぱか……。ももんちゃんをのせて、しまうまがはしっていきます。
ぱか~んと川をとびこえ、うさぎものせて、どこへいくのでしょう。
着いたのは、おかあさんのところ!
 しまうまのこどもは、おかあさんとくっついてうれしそう。しまうまからおりて、ももんちゃんがむかったのは……。

 ぱかぱかぱかぱかぱかぱか……言い続けると、なんだか楽しくなってきます。さいごは〝ぴたっ〟とくっついて、みんなにっこり!

  • 0・1歳~
  • 2020年3月5日初版
  • 定価880円 (本体800円+税10%)
  • 立ち読み