<福岡>絵本作家・西村繁男 原画展

新作絵本『たたたん たたたん』をはじめ、数多くの絵本を描いている西村繁男さんの絵本原画展が、岡垣サンリーアイ「図書館まつり2019 ~ふしぎの国からの招待状~」において下記日程で開催されます。『おばけでんしゃ』『ようちえんがばけますよ』2冊の原画全点が展示予定です。ぜひ足をお運びください。

日時:2019年10月31日(木)~11月10日(日)10:00~18:00 ※10日は16:00まで
場所:岡垣サンリーアイ図書館 ギャラリー(福岡県遠賀郡岡垣町野間1丁目2-1 TEL.093-282-1515)
入場:無料
主催:岡垣サンリーアイ文化スポーツ振興財団
詳細はこちら


たたたん たたたん

絵本・こどものひろば

たたたん たたたん

内田 麟太郎 文/西村 繁男

『がたごとがたごと』から20年。あの列車が、20年振りに動き出す! 海に宇宙にそして最後は……あらあらどこへいくのでしょう。時空を越えて、たたたんたたたん、列車が走ります。ダイナミックな展開!

  • 3歳~
  • 2019年9月10日初版
  • 定価1,430円 (税込)
  • 立ち読み
バスていよいしょ

絵本・こどものひろば

バスていよいしょ

重松 彌佐 作/西村 繁男

学校から帰ってきたら、しんごくんの家と古いお屋敷の真ん中にバスていが立っていました。しんごくんがバスていを動かそうとしていると、駕籠かき、浪人者、お姫さまが通りかかります。そして大名行列がやってきて。

  • 4・5歳~
  • 2017年7月10日初版
  • 定価1,430円 (税込)
  • 立ち読み
おばけもこわがるおばけ

絵本・こどものひろば

おばけもこわがるおばけ

内田麟太郎 文/西村繁男

夏まっさかり。暑さにたえきれなくなったおおにゅうどうは、おばけたちにむかって「ぞーっと寒くなるようなおばけにばけんかい!」とどなりつけます。そして真っ先にじゅもんをとなえてばけてみせます。するとほかのおばけたちもつぎつぎばけるのですが……。今度は「こわすぎるー」とあわてて、もとの姿にもどるじゅもんをとなえます。もとの姿にもどったおばけたちは、夏はあせをかくのが生きている証拠と、暑さを楽しみます。

  • 4・5歳~
  • 2015年7月10日初版
  • 定価1,430円 (税込)
  • 立ち読み
あいうえおのえほん

絵本・こどものひろば

あいうえおのえほん

内田 麟太郎 文/西村 繁男

言葉の入り口である「あいうえお」を、楽しく可笑しく表現。上質な笑いを「あいうえお」に乗せてお届けします。

  • 4・5歳~
  • 2012年10月4日初版
  • 定価1,430円 (税込)
  • 立ち読み
むしむしでんしゃ

絵本・こどものひろば

むしむしでんしゃ

内田麟太郎 文/西村繁男

まもなくいもむし電車は発車いたします。ののたんののたん、ののたんののたん。おいけ駅でおりたのは、カエルにタガメにゲンゴロウ。昆虫はもちろん、弱虫泣き虫なんでも乗ってる、ミラクルユーモアファンタジー!

  • 3歳~
  • 2009年6月25日初版
  • 定価1,430円 (税込)
  • 立ち読み
おばけでんしゃ

絵本・こどものひろば

おばけでんしゃ

内田麟太郎 文/西村繁男

おばけ電車はおばけを乗せて走ります。妖怪駅を出発!火の玉とびかう暗闇駅、雪女のいる寒々駅。今度はどんなおばけに出会えるでしょう。1場面目から画面に釘付け! わくわくどきどき、ページをめくる楽しさいっぱい!

  • 3歳~
  • 2007年6月25日初版
  • 定価1,430円 (税込)
  • 立ち読み
がたごと がたごと

絵本・こどものひろば

がたごと がたごと

内田麟太郎 文/西村繁男

「おきゃくがのります ぞろぞろ ぞろぞろ」と、たくさんの人が電車にのりこみます。電車は「がたごと がたごと」と市街地をぬけ、田園地帯をぬけ、山奥へとすすみ、到着したのは「おくやま駅」。それぞれ動物に変身した乗客たちが電車から降りていきます。こんどの電車も、トンネルを「がたごと がたごと」と進み、電車はしだいに幻想的な異世界へ。ついた「よつつじ駅」では、それぞれ妖怪に変身した乗客たちが降りていきます。つぎの電車は、「がたごと がたごと」となんと時代をさかのぼり…。思いもしない展開にびっくり。ページをめくる楽しさいっぱいです。
「絵を読む」楽しみがつまった人気の絵本。読者の方から、お客さんが次の駅で何に変身したか、さがして楽しんでいますというご感想をたくさん頂いています。同じコンビで、姉妹編『おばけでんしゃ』『むしむしでんしゃ』『たたたん たたたん』が刊行されています。

  • 3歳~
  • 1999年4月25日初版
  • 定価1,430円 (税込)
  • 立ち読み
はらっぱ 戦争・大空襲・戦後…いま

童心社の絵本

はらっぱ 戦争・大空襲・戦後…いま

西村 繁男 画/神戸 光男 構成・文

原っぱは子どもの天国だ。戦中、戦後の原っぱを舞台に遊びと環境の移りかわりを克明に描く。

  • 4・5歳~
  • 1997年2月20日初版
  • 定価1,650円 (税込)
  • 立ち読み
にちよういち

童心社の絵本

にちよういち

西村 繁男

高知市の伝統的な日曜市の風俗を、克明に描きあげた力作の絵本。

  • 4・5歳~
  • 1979年9月15日初版
  • 定価1,540円 (税込)
  • 立ち読み