童心社の絵本

はらっぱ 戦争・大空襲・戦後…いま

はらっぱ 戦争・大空襲・戦後…いま

立ち読み

西村 繁男 画/神戸 光男 構成・文

原っぱは子どもの天国だ。戦中、戦後の原っぱを舞台に遊びと環境の移りかわりを克明に描く。

  • SLA選定/JLA選定
  • 定価1,650円 (本体1,500円+税)
  • 初版:1997年2月20日
  • 判型:B5変型ワイド判/サイズ:25.1×25.6cm
  • 頁数:36頁
  • 4・5歳~
  • ISBN:978-4-494-01234-3
  • NDC:210

感想を書く

読者の声

子どもたちの魂のふるさと
魅力的な題ですね。広場、公園ともちがって。子どもたちの魂のふるさとー原っぱを通して、時代の変化やあの戦争をみせてくれてすごいです。ページをめくるたびに、見ひらきの絵の中に吸いこまれるよう。
私も集まる子どもたちといっしょにページをめくって、絵に込められたものに、ひびき合い同化したいと思います。(女性)
端境期に育ちました
西村さんの絵が好きで思わず買いました。
本を開いて、ちょうど子供達がはらっぱで遊ばない、遊べなくなった時代に、その端境期に私は育ったことに気がつきました。
とても素敵な本をありがとうございます。(40歳・男性)
子どもたちの大すきな原っぱが舞台
実はある本を求めて大きな書店に出向いたのですが、残念ながら1冊もなく、では何かよい本をと思い書棚をながめていたら娘がこの本がいいと持ってきたのです。
戦争に関する本はまだ2冊しか読んであげていなかったのですが、子どもたちの大すきな原っぱが舞台になったこの本に下の6才の息子もとても関心を示していました。
歴史を通しての町の移り替わり、生活様式の変化がよくわかり、私も興味深く拝読いたしました。
これからも子どもたちの受け継がせるべき歴史をたくさん本にしてください。(38歳・女性)
何がそんなに面白いのか
西村繁男さんの本は子供が好きで(やこうれっしゃ、おふろやさんなど[以上福音館書店刊]、にちよういちなど)毎日眺めています。何がそんなに面白いのか理解しかねているのですが、現実的で共感するものがあるのだと思います。(29歳・女性)
こんな空地がまたほしいですね
西村繁雄さんの画はいつも細かいところまでていねいでびっくりしています。こんな空地がまたほしいですね。ちょうど私もそう思っていたところでした。(38歳・女性)

書評

未来のこども 2007年11月号 Vol.2
(掲載ページ17)

2019/10/24

<福岡>絵本作家・西村繁男 原画展

新作絵本『たたたん たたたん』をはじめ、数多くの絵本を描いている西村繁男さんの絵本原画展が、岡垣サンリーアイ「図書館まつり2019 ~ふしぎの国からの招待状~」において下記日程で開催されます。『おば ...

続きを読む