検索結果

35件見つかりました。21~30件を表示しています。
書名をクリックすると詳細ページをご覧頂けます。

並び替え:

まるぱんころころ

世界のおはなし傑作選

まるぱんころころ

ロシア民謡 より/川崎 大治 脚本/鈴木 寿雄

おじいさんが、おばあさんにたのんで、まるぱんを作ってもらうと、まるぱんはさびしくなって、一人で外へとびだしてしまいました。

  • 3歳~
  • 1969年4月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
豆っ子太郎〈戦国のころ〉

日本むかしむかし

豆っ子太郎〈戦国のころ〉

川崎 大治 脚本/岡野 和

子どもがいない老夫婦に豆つぶほどの小さな子が授かりました。何年たっても、豆っ子太郎はちっとも大きくなりませんでした。

  • 3歳~
  • 1969年3月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 在庫品切・重版未定
いもころがし

かみしばい おもしろむかしばなし選

いもころがし

川崎 大治 脚本/前川 かずお

鼻の悪いおしょうさんが、三人の小僧をつれて、修行の集まりに出かけました。何でもワシのやる通りにせよとおしょうさんは…。

  • 3歳~
  • 1969年3月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
ちからたろう

民話かみしばい傑作選

ちからたろう

川崎 大治 脚本/滝平 二郎

大めしを食っていた力太郎は、十五年めにたちあがり、力だめしにでかけました。日本一の力もちという男と力くらべをして…。

  • 3歳~
  • 1969年1月1日初版
  • 定価2,420円 (本体2,200円+税10%)
  • 立ち読み
ちいさいおしろ

ちいさいおしろ

川崎 大治 作/鈴木 寿雄

小さいお城に、ねずみさんがすんでいました。かえるさん、うさぎさん、きつねさんがつぎつぎにやってきて、最後にはくまさんが…。

  • 3歳~
  • 1968年3月1日初版
  • 定価1,760円 (本体1,600円+税10%)
  • 在庫品切・重版未定
雪わたり

宮沢賢治童話名作集

雪わたり

川崎 大治 脚本/若山 憲

雪が青く凍った晩、四郎とかん子は子ぎつねこんざぶろうからもらったきっぷで、きつねの幻灯会へいき、きつねに大歓迎されます。

  • 3歳~
  • 1966年3月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 在庫品切・重版未定
貝の火

宮沢賢治童話名作集

貝の火

川崎 大治 脚本/久保 雅勇

うさぎのホモイはひばりの子を助けて、鳥の王様から〈貝の火〉という美しい玉をもらいます。きつねにそそのかされたホモイは…。

  • 3歳~
  • 1966年3月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 在庫品切・重版未定
まつりのばん

宮沢賢治童話名作集

まつりのばん

川崎 大治 脚本/福田 庄助

秋まつりの夜、りょうじは空気獣の見世物小屋で、へんなみのを着た大男に会う。小屋の人たちにいじめられた大男を、りょうじは…。

  • 3歳~
  • 1966年3月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 在庫品切・重版未定
おはなしアンデルセン 新装版

母と子のお話の本

おはなしアンデルセン 新装版

与田 凖一松谷 みよ子川崎 大治 編著/岩崎 ちひろ

世界中の子どもたちに愛されているアンデルセン童話から、代表作八作を集めました。

  • 3歳~
  • 1965年11月20日初版
  • 定価2,200円 (本体2,000円+税10%)
ね、おはなしよんで 新装版

母と子のお話の本

ね、おはなしよんで 新装版

与田凖一川崎大治乾孝 編著/岩崎ちひろ 装画

幼児期にたいせつな十一のテーマ別に、読んで聞かせるのにふさわしい楽しいお話と詩を七十編収録。

  • 3歳~
  • 1962年10月20日初版
  • 定価2,200円 (本体2,000円+税10%)