童心社のおはなしえほん

おさるのこうすけ

おさるのこうすけ

立ち読み

武田 美穂 作・絵

どこにいくにもわたしのあとをついてくる、おさるみたいな弟。きょうはお祭りだけど、おさるがいっしょで楽しくない。それで人ごみの中、つないだおさるの手をはなしたら……幼い姉と弟の姿を微笑ましく描く感動作。

  • 定価1,430円 (本体1,300円+税)
  • 初版:2017年4月7日
  • 判型:B5変型判/サイズ:20.7×22.2cm
  • 頁数:36頁
  • 4・5歳~
  • ISBN:978-4-494-01626-6
  • NDC:913

紹介記事をみる

感想を書く

書評

おねえちゃん、ごめん(母のひろば636号) 2017年6月1日
『おさるのこうすけ』は、こうすけという名のおさるを描いてはいません。こうすけという名の弟を描いています。
 そうです。弟って、おさるなんです。と、こうすけのおねえちゃんは主張してます。きっと武田美穂も訴えています。
 公園にえりちゃんと遊びに行くときも、みやびちゃんちに子犬を見に行くときも、プールに行くときも、後を付いてくる。
 今日、おまつりの日も一緒に行くって言う。一人っ子のえりちゃんやみやびちゃんは、いいよって言うけど、それは毎日おさると接していないからだ。
 案の定、神社にたどりつくと、弟のおさる力は全開。なんかもう、うんざりしてしまったおねえちゃんは、いけないけど魅力的な考えに……。
 おねえちゃんて大変なんですね。弟としては、おねえちゃんに甘えきって、安心しきっているから、やりたい放題になるんですけど、それに付き合うのは大変。親のように食事やお小遣いみたいな、弟を温和(おとな)しくできる切り札もないし。なんかもう、いい加減にしろ! って気持ちになるのもわからないではありません。ありませんけど、弟だった私は、この作品を読んで、ため息ひとつ。「そうなんや……。弟って、おさるなんや。今まで知らんかった……。おねえちゃん、ごめん」
ひこ・田中/児童文学作家

2019/5/10

<東京>絵本作家の武田美穂さんの講演会が童心社KAMISIBAIホールで開催されます。

絵本作家の武田美穂さんの講演会が、日本作文の会「日本作文の会 合同研究会」(2日目)において、下記の日程で開催されます。ぜひ、お申し込みの上で、ご参加ください。日本作文の会「日本作文の会 合同研究会」 ...

続きを読む

2018/1/30

武田美穂さんをお招きしての絵本の読み聞かせ、ワークショップイベントが大盛況でした!

 新作絵本の中から優れた作品を決める「日本絵本賞」の候補作が出そろったことにともない、蔦屋書店柏の葉T-SITEで武田美穂さんをお招きしての絵本の読み聞かせ、ワークショップイベントが開催されました。同 ...

続きを読む

2018/1/12

〈千葉県柏市〉1月21日(日)武田美穂さんワークショップ&サイン会

現在、第23回日本絵本賞読者賞の候補作に選ばれている絵本『おさるのこうすけ』(作・武田美穂)。これを記念して、1月21日(日)に、作者の武田美穂さんによる読み語り&ワークショップ「キラキラバッヂを作ろ ...

続きを読む

2017/11/27

第23回日本絵本賞読者賞、あなたの1票で受賞が決まります!

日本絵本賞は、公益社団法人全国学校図書館協議会と毎日新聞社が主催し、絵本芸術の普及、絵本読書の振興、絵本出版の発展に寄与することを目的とした賞です。1年間に日本で出版された絵本の中から、優れた絵本に「 ...

続きを読む