2021.10.13

〈オンライン講座〉絵本テキスト大賞受賞作『ちこくのりゆう』著者・森くま堂さん

12月5日(日)、日本児童文学者協会 関西センター主催のオンライン講座「おうち de 児童文学」に、絵本テキスト大賞受賞作『ちこくのりゆう』著者・森くま堂さんが登壇されます。
聞き手は『ばあばは、だいじょうぶ』『ハニーのためにできること』などでおなじみの児童文学作家・楠章子さんです。
講座では作者による読み聞かせも予定されています。
ぜひご参加ください。

●絵と言葉のワンダーランド「絵本」の楽しさ!
 〜デビューほやほやの森くま堂さんに、いっぱい聞いちゃおう〜

■日 時:12月5日(日)13:00〜15:00
■講 師:森くま堂さん(聞き手:楠章子さん)
■参加費:無料
■募集人数:20名
■受付開始:10月31日(日)13:00〜
      (定員になり次第締め切り)
※ZOOMでの開催になります。


お申し込み、詳細はこちらをご確認ください。
日本児童文学者協会 関西センターブログ
https://jibunkyokansai.exblog.jp/241216481/
ちこくのりゆう

童心社のおはなしえほん

ちこくのりゆう

森くま堂 作/北村 裕花

先生、きいてえな。朝おきたら、とうちゃんとかあちゃんがカブトムシにかわっとったんや。だけど時計を見たら学校がはじまる時間やったから、いってきますと、ぼくはうちをとびだしてん。ところが、ノラネコのタイショーに声をかけられて、そのとたん……
ちこくのりゆうを先生に説明する体ではじまる物語は、ページをめくるたび度肝をぬかれる抱腹絶倒の展開をしていきます。
第9回絵本テキスト大賞受賞のナンセンス絵本です!

  • 小学1・2年~
  • 2021年1月20日初版
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
  • 立ち読み
ハニーのためにできること

単行本図書

ハニーのためにできること

楠 章子 作/松成 真理子

ふたばのおばあちゃんが亡くなって、ハニーという老犬を引き取ることになりました。そうしなければ保健所などにつれていかねばならないので、ふたばがお母さんを説得したのです。しかし、やがてハニーは重い病気になってしまいました。獣医の先生に相談し、ふたばは両親とともにいっしょけんめい看護しますが、別れの時が近づいてきます。ふたばは、ハニーのために何ができるか必死に考えました……「命」を見つめる感動作。

  • 小学3・4年~
  • 2018年12月20日初版
  • 定価1,210円 (本体1,100円+税10%)
  • 立ち読み
ばあばは、だいじょうぶ

絵本・ちいさななかまたち

ばあばは、だいじょうぶ

楠 章子 作/いしい つとむ

大好きな、やさしいばあばが、この頃変わってしまった。何度も同じ質問をしてきたり、得意だった編み物ができなくなったり。ばあばは「わすれてしまう病気」なんだ。そして冬の寒い日、ばあばがいなくなった…
老い、認知症、介護といった、とても難しい、しかし誰もが避けては通れない問題を子どもの視点から描き出しています。
記憶を少しずつ失っていっても、それでも変わることのない人間性、家族の繋がりを描き出す感動作です。

  • 小学1・2年~
  • 2016年12月20日初版
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
  • 立ち読み