2020.12.01

<いま、演じたい紙しばい>刊行50周年をむかえた民話紙しばいの傑作『たべられた やまんば』


今日ご紹介するのは、今年刊行50周年を迎える民話紙しばい『たべられた やまんば』です。
脚本は絵本『いないいないばあ』など数多くの名作を残した児童文学作家、松谷みよ子さんです。


こぞうが栗ひろいに出かけた山の中で出会ったのは、自分の“おば”だと名のるひとりのおばあさんでした。

「これ、こぞう、おれは おまえの おばだぞい。おまえの おとうの、ねえさんの、よめさんに いったさきの
 おばさんの いもうとだぞい。」

今晩栗を煮ておくから遊びに来いというおばあさんの誘いことばに、こぞうはすっかりその気になります。

おしょうさんは、それはやまんばだから行かない方がいいと止めますが、こぞうは聞きません。
そこでおしょうさんは、こぞうに3枚のお札を持たせてくれました。


おばあさんの家で栗をお腹いっぱい食べたこぞうは、そのまま寝てしまいました。
夜中に目を覚ますと、なんとおばあさんは恐ろしいやまんばになっていたのです――。



「さんまいのおふだ」としてよく知られる民話を、紙しばいにしたこの作品。

こぞうがお札を使いながらやまんばから逃げていく後半は、大きな川や砂の山がお札からあらわれ、
一気にテンポアップしていきます。
紙しばいならではの臨場感をたっぷりと味わえる、ドラマチックな展開です。



命からがら、こぞうはなんとかお寺まで逃げてきました。
なおも追いかけてくるやまんばからこぞうを救ってくれたのは、おしょうさんの見事な知恵でした。


民話研究家でもあった松谷みよ子さんの脚本では、日本語のもつ豊かな響きやリズムを楽しめます。
二俣英五郎さんによる絵は、民話らしい味わいと紙芝居の特性を生かした大胆な構図で、高い評価を得てきました。

半世紀にわたって愛され続ける理由がわかる、これぞ!民話紙しばい。
どうぞお楽しみください。
16場面。3歳から。


(松谷みよ子・脚本 二俣英五郎・絵)
たべられたやまんば

民話かみしばい傑作選

たべられたやまんば

松谷 みよ子 脚本/二俣 英五郎

山寺の小僧がおばあさんの家に遊びにいくと、おばあさんは栗を煮て、小僧をまっていました。泊っていけと…。

  • 3歳~
  • 1970年10月1日初版
  • 定価2,420円 (税込)
  • 立ち読み
大型紙しばい たべられたやまんば

大きく広がる大型紙しばい 第1集

大型紙しばい たべられたやまんば

松谷 みよ子 脚本/二俣 英五郎

山寺の小僧さんがしんせきのおばあさんのところへ遊びに行くと、おばあさんはじつはやまんばで…。民話紙芝居のベスト作品の大型判紙芝居。 

  • 3歳~
  • 2002年8月30日初版
  • 定価10,450円 (税込)
民話かみしばい傑作選

民話かみしばい傑作選

ダイナミックで、ちょっとこわい民話の新しい決定版。有名な民話、昔話をセレクトした傑作紙芝居シリーズです。『たべられたやまんば』『ちからたろう』『おけやのてんのぼり』『くわず女房』『子そだてゆうれい』の全5巻セット。

  • 3歳~
  • 2005年4月1日初版
  • 揃定価11,770円 (税込)
  • 在庫僅少
いないいないばあ

松谷みよ子 あかちゃんの本

いないいないばあ

松谷 みよ子 ぶん/瀬川 康男

いない いない ばあ  にゃあにゃが、くまちゃんが、ほらね いない、いない……
発行部数680万部を超える、日本で一番売れている絵本です。(トーハンミリオンブック2020調べ)

「あかちゃんがほんとうに笑うんです。」1967年、発売当初より多くの読者からいただくうれしい声。「あかちゃんだからこそ美しい日本語と最高の絵を」の想いから、日本初の本格的なあかちゃん絵本として誕生して半世紀、あかちゃんがはじめて出会う一冊として、世代を越えて読みつがれています。

「あかちゃんと、どんなふうにコミュニケーションとったらいいでしょうか?」こんなお問い合わせをいただくことがよくあります。この絵本はそんなあかちゃんとご家族にぴったりの絵本です。「いない いない ばあ」と語りかけて一緒に楽しむことで、大人もあかちゃんも笑顔になり、心の交流を通じて親子の信頼を深めるきっかけになります。そんな読者の皆さんの体験や信頼が口コミで広がり、支持され続けてきた絵本です。

  • 0・1歳~
  • 1967年4月15日初版
  • 定価770円 (税込)
  • 立ち読み