2019.12.27

<連載>アニバーサリーおめでとう!『おさじさん』&『のせてのせて』

記念すべき節目をむかえたロングセラー作品をご紹介するこの連載。今回ご紹介するのは、1969年の刊行から半世紀を迎えた『おさじさん』『のせてのせて』です。


『おさじさん』
おやまをこえて、のはらをこえて、やってきたのは、そう、おさじさんです。
おさじさんは、おかゆにはなをつっこんでしまったうさぎさんを、手伝ってあげることに。

おくちの トンネル
アアーンと あいて
おさじさんは はこびます
たまごの おかゆをはこびます
ポッポー

うさぎさんはおいしい笑顔になりました。

離乳食をはじめたあかちゃんとお母さんお父さんにとって、おさじさんは心強い味方。
絵本でおさじさんと仲よしになると、ごはんの時間も「おくちの トンネル アアーンと あいて……」と『おさじさん』のフレーズがあかちゃんの気持ちを楽しくしてくれるでしょう。

『のせてのせて』
まこちゃんのじどうしゃがはしります。

ストップ!
のせて のせて
うさぎが てを あげて います

こうして増えていくおともだち。まこちゃんのじどうしゃはいっぱいになりました。
じどうしゃはやがてトンネルに……。


くり返される「ストップ!」「のせてのせて」の語感が楽しく、まこちゃんと一緒に走っていくような、心地いいスピード感が味わえます。
トンネルの場面は一転してまっくらな画面。ここであかちゃんは少し不安な気持ちになりますが、遠くに見える明るい出口に導かれ、ページをめくると「でた!おひさまだ!」。
あかちゃんが楽しめるハラハラドキドキがつまった1冊です。

この2作は、日本で一番読まれている絵本『いないいないばあ』と同じ「松谷みよ子あかちゃんの本」シリーズです。『おさじさん』は累計111万部、『のせてのせて』は149万部と、世代を超えて愛されつづけています。
シリーズがはじまった1967年当時、あかちゃん向けの絵本はほとんどありませんでした。松谷さんは自身の子育てをとおして「赤ちゃんに精神が芽生えはじめたこの時期に、美しい日本語を伝えたいし、よい絵本で育てたい。※」という思いを強くし、試行錯誤をくり返しながらシリーズ9作を創りあげていきました。


『おさじさん』『のせてのせて』、そして「松谷みよ子あかちゃんの本」シリーズは、今までもこれからも、あかちゃんの毎日にそっと寄りそいます。

現在全国の書店では、『おさじさん』『のせてのせて』50周年フェアを開催中です。
冬休みにぜひご家族でお出かけください。


連載「アニバーサリーおめでとう!」は今回で最終回。1年間お付き合いくださり、ありがとうございました。
来年もさまざまな形で、愛されつづける本や紙芝居をご紹介していきます。

※…月刊『絵本』( 1974年10月号 盛光社刊)

(松谷みよ子・ぶん 東光寺啓・え)
おさじさん

松谷みよ子 あかちゃんの本

おさじさん

松谷 みよ子 ぶん/東光寺 啓

おやまをこえて、のはらをこえて、おさじさんがやってきました。おいしいものは、ありませんか。

  • 0・1歳~
  • 1969年8月31日初版
  • 定価770円 (税込)
  • 立ち読み
のせてのせて

松谷みよ子 あかちゃんの本

のせてのせて

松谷 みよ子 ぶん/東光寺 啓

まこちゃんのじどうしゃが、はしります。ブブー。のせて、のせて。うさぎ、くま、ねずみもいっしょ。

  • 0・1歳~
  • 1969年7月5日初版
  • 定価770円 (税込)
  • 立ち読み
いないいないばあ

松谷みよ子 あかちゃんの本

いないいないばあ

松谷 みよ子 ぶん/瀬川 康男

いない、いない、ばあ。にゃあにゃが、くまちゃんが、ほらね、いない、いない……。
発行部数680万部を超える、日本で一番売れている絵本です。(トーハンミリオンブック2020調べ)

  • 0・1歳~
  • 1967年4月15日初版
  • 定価770円 (税込)
  • 立ち読み
  • 在庫僅少