2018.03.07

<東京>DAYS JAPAN14周年記念イベントで、いわむらかずおさんとアーサービナードさんが、講演されます。

世界を視るフォトジャーナリズム月刊誌の『DAYS JAPAN』14周年記念イベント「見えないからそこ 伝えるべきこと」が下記の日程で開催されます。平和のつくり方―絵本と詩の世界からーと題し、絵本作家のいわむらかずおさん、詩人のアーサービナードさんがそれぞれのテーマで講演なさいます。どうぞお楽しみに。

とき:2018年3月16日(金)19:00〜21:30(開場18:30)
ところ:なかのZERO小ホール(定員500人)
(JRまたは東京メトロ東西線の「中野駅」南口から徒歩8分)
入場料:一般700円・定期購読者500円・高校生以下と75歳以上無料・障害のある方と同伴者1名無料

第一部(スライド上映)
DAYS 国際フォトジャーナリズム大賞2018受賞作品発表
会場の皆様によるパブリック・プライズの投票

第二部(講演)平和のつくり方―絵本と詩の世界からー
平和であることの尊さ、戦わないことの尊さを、あたたかい言葉で語ってくださるお二人のゲストが登壇!
絵本作家・いわむらかずおさん(40分)テーマ「14ひきシリーズと平和」
詩人・アーサービナードさん テーマ「もし戦争になるのなら」(40分)

申し込みはこちらのサイトからどうぞ。
お問い合わせ:電話03-3322-0233
メール kikaku@daysjapan.net
さがしています

単行本絵本

さがしています

アーサー・ビナード 作/岡倉禎志 写真

「おはよう」「がんばれ」「いただきます」「いってきます」「ただいま」「あそぼ」そのことばをかわすことができる、みんなの生活は、どこへいったのか?
 1945年8月6日の朝、ウランの核分裂が広島で引き起こしたことは、どこまで広がるのか?
ピカドンを体験したカタリベたちは、さがしています─たいせつな人びとを、未来につづく道を。
ヒロシマから今をみつめる写真絵本。

  • 小学3・4年~
  • 2012年7月20日初版
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
  • 立ち読み
The Family of Fourteen Fix Breakfast 14ひきのあさごはん・英語版

The Family of Fourteen 14ひきのシリーズ・英語版

The Family of Fourteen Fix Breakfast 14ひきのあさごはん・英語版

いわむら かずお 作/アーサー・ビナード

森の朝。野いちごつみにでかけよう。どんぐりパンにスープも作って、みんなで食べるおいしい朝ごはん。新しい一日がはじまります。

  • 3歳~
  • 2005年8月25日初版
  • 定価1,650円 (本体1,500円+税10%)
14ひきのあさごはん

14ひきのシリーズ

14ひきのあさごはん

いわむら かずお さく

もりのあさ。
はやおき いちばんは おじいさん。
おかあさんがおきて、おばあさんがおきて、こどもたちもめを さます。
おねぼうさんは だれ?

顔をあらったら、みんなで朝ごはんの準備です。まきわりはお父さん。お母さんとおばあちゃん、さっちゃんとよっちゃんは、どんぐりのこなでパンづくり。他の子どもたちは野いちごつみにでかけます。
やきたてのどんぐりパンに、ジャムとジュース。おいしいきのこのスープができたら、テーブルを囲んで、みんなでいただきます。

『14ひきのひっこし』と同時に刊行された、人気ロングセラー絵本「14ひきのシリーズ」の最初の1冊。
すがすがしい森の朝を舞台に、14ひきたちの1日のはじまりを描いた、累計部数100万部をこえる人気のロングセラー絵本です。

  • 3歳~
  • 1983年7月10日初版
  • 定価1,320円 (本体1,200円+税10%)
  • 立ち読み