紙芝居

これから発売予定の新刊紙芝居はこちら

くぬぎちゃんのくるんくるんぼうし

2016年度定期刊行紙しばい 年少向け おひさまこんにちは

くぬぎちゃんのくるんくるんぼうし

すとうあさえ 脚本/相野谷由起

どんぐりのくぬぎちゃん、だいすきなぼうしをかぶっておさんぽです。すると、ちがう種類のどんぐりの、かしちゃんとしいくんにであい、ぼうしをこうかんすることになりました。しいくんが、とがったあたまで、くぬぎちゃんのぼうしを、くるくるまわすと……ぽーんととおくへとんでいってしまいました。「うわーん、わたしのぼうしが!」。みんなでぼうしをおいかけていくと……。どんぐりが主人公のかみしばい。

かっぱばし

2016年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

かっぱばし

中松まるは 脚本/夏目尚吾

大雨で流された橋を新しくかけなおさないと生活ができない。村人はお役所に願い出たが、お役人は、決まりを守るのが人の道、江戸の指示を待てというばかり。いつまで待てばいいのかわからない。そこで村人は、お皿を頭にのせ、葉っぱを全身にはりつけて「かっぱ」になり、夜、橋を作りはじめた。そこへ馬でかけつけたお役人は、人ではなく「かっぱ」のしわざなら口出しできないと言って、村人の橋作りを許し、帰っていった。こうしてできた橋を「かっぱばし」と呼ぶようになった。全国にのこる「かっぱばし」の伝説は、こうだったのかもしれません。

あしあと だ〜れ?

2016年度定期刊行紙しばい 年少向け おひさまこんにちは

あしあと だ〜れ?

ねもとまゆみ 脚本/鈴木幸枝

いろんな足あとを見つけたら、どんな動物に会えるかな?「ニャーン」と出てきたのは、足音をたてずに歩くのがとくいなネコ。「ブヒブヒ」出てきたのは、重たい体を支えるりっぱなひづめを持つブタ……。みんなの足あとは、どんな足あと?
足あとには、その生きものの特徴や生活の様子を知る手がかりが隠されています。自分の足あとと比べたり、想像したりしながら、生きものに親しみ、興味を持つきっかけとなる紙芝居です。

とかげのぺろちゃん

2016年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

とかげのぺろちゃん

高家博成 脚本/タダサトシ

とかげのペロちゃんは、虫が大好き。トノサマバッタの子どもを見つけてつかまえようとすると、トカゲのカゲちゃんがやってきました。「ぼくが、さきに見つけたんだぞ!」ペロちゃんとカゲちゃんがケンカをしていると…。木の上で笑っているのは、ヤモリのモリちゃんです。「ぼくは木にのぼれるんだぞ。すごいだろう。イモムシだってつかまえられるんだ」そこでペロちゃんとカゲちゃんは木に登る練習をしますが、上手く登れません。そのとき、ネコがやってきました!さあ、三匹は無事に逃げられるでしょうか…?
お話に親しみながら、幼児にとって身近ないきものの生態を知ることができる紙芝居です。

たっくんタクシー

2016年度定期刊行紙しばい 年少向け おひさまこんにちは

たっくんタクシー

こがようこ 脚本/村田エミコ

「ぼく、タクシーやさんだよ。」たっくんが三輪車でキコキコ走っていたら、ねこのお客さんが! たっくんは、はりきって三輪車をこいでいきます。次にやってきたのは、足がいたいといういぬのおきゃくさん。そーっと、そーっと、キッコキッコキッコ……着いたのは、病院でした。その次のお客さんは、ねずみのお母さんと、こねずみたち。「こんなにたくさん、のれないよ。どうしよう!」でも、だいじょうぶ。やってきたのは…。

ぼくのズボンととりかえっこする?

2016年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

ぼくのズボンととりかえっこする?

いぬいとみこ 原作/なとりちづ 脚本/おおともやすお

ほしくんのズボンは胸当てのついたちびっこズボン。おにいちゃんのズボンはベルト通しのあるほんとうのズボン。ほんとのズボンがはきたいなあ。ちびっこズボンなんか、いやだ! するとひきがえるが「ぼくのズボンはすいえいズボン。このズボンをはくと、だれでもスイスイおよげるんだ。とりかえっこする?」「するする!」このあとほしくんは、モモンガーのひこうきズボンとりかえっこします。そうしたら、おにいちゃんが池におちてしまいます。たいへん! ほしくんはひこうきズボンでヒューッと空を飛んでおにいちゃんを助けます。

ざしきわらし ほーいほい!

ぞくぞく こわ〜い おばけかみしばい

ざしきわらし ほーいほい!

さえぐさひろこ 脚本/梅田俊作

こすずばあさんの家には、赤いずきんにちゃんちゃんこ、赤い顔したはだしの子ども—ざしきわらしがすんでいる。ある日のこと…。

やつばけずきん

ぞくぞく こわ〜い おばけかみしばい

やつばけずきん

津田真一 脚本/武田美穂

きつねの化け道具、七化けずきんを手に入れた小僧のとんちん。ほくほくして寺に戻ると、怪しげな連中がやってきた。

いたずらかっぱの きずぐすり

ぞくぞく こわ〜い おばけかみしばい

いたずらかっぱの きずぐすり

やえがしなおこ 脚本/篠崎三朗

じいさまが川へ馬を洗いにやってきた。かっぱが、馬のしっぽがゆれるのを見ておもしろく思い、引っぱろうとした。ところが…。

ニョキニョキおばけ

ぞくぞく こわ〜い おばけかみしばい

ニョキニョキおばけ

常光徹 脚本/村田エミコ

だれもいないお寺のお堂。四人の子どもがやってきました。「はぁー、ニョキニョキ!」みんなでじゅもんをとなえると……。


Copyright (C) DOSHINSHA PUBLISHING CO., LTD. All rights reserved