絵本・こどものひろば

はしれ ディーゼルきかんしゃデーデ

はしれ ディーゼルきかんしゃデーデ

立ち読み

カートにいれる

すとうあさえ 文/鈴木まもる

3.11の直後、東北に石油や灯油を届けるために、ディーゼル機関車が活躍したのをご存知ですか? 全国から集められたディーゼル機関車たちが、新潟から福島の郡山へと走ったのです。最初に出発したのが、デーデです。途中、雪でスリップし、立ち往生してしまいます。なんとか郡山に着いたときには、予定の時刻を、3時間過ぎていました。それでも、みんな待っていてくれ、とても喜んでくれました。
実話が元になった絵本です。

3.11、東日本大震災で、東北本線、東北新幹線、東北自動車道ともに不通となり、東北への輸送が絶たれました。その時、中越地震を経験していた新潟のJR貨物の方たちを中心に、燃料を届ける取り組みが始まります。電気の通っていない磐越西線を使うため、全国からディーゼル機関車が集められます。また、燃料は横浜の根岸から新潟の貨物ターミナルに運ばれます。運転士さんも急遽ディーゼルを動かす研修をして、震災から2週間、3月26日にディーゼル機関車が10両のタンクをひいて出発したのです。

  • 第7回 住田物流奨励賞特別賞(2014)
  • 定価1,512円 (本体1,400円+税)
  • サイズ:19.1×26.6cm
  • 頁数:40頁
  • ISBN:978-4-494-02561-9
  • NDC:913

感想を書く

読者の声

東日本大震災が起こったあと、燃料不足になった被災地へ鉄道を使って燃料が輸送されたことは、メディアで大々的にとりあげられることはなかったと思います。JR貨物やJR各社はなんとおくゆかしいことか…。
鉄道を愛する人間のひとりとして、“こういうことがあった”ということを作品にしていただいたこと、うれしく思いました。ありがとうございました。走るデーデの姿、それにたずさわった方々のことを思うと、涙が出てきます。仕事に誇りをもつって大切。
東日本大震災を経験し、当時まだ1歳半だった息子に、産まれていなかった娘に伝えていかなければいけないと思っていました。先日本屋でこの本を見つけ、何かずっと残るもので絆の強さを伝えるのにすばらしいと思い購入しました。(33歳・女性)
とてもかんしんしました。ままはないていました。なんかいもよみたいです。イトは小さくても力があってびっくりしました。いまはぼくはたいりょくがないので、たいりょくをつけたいです。(7歳・男性)
当時、自分たちも本当に困り、動きが取れずじっと我慢した一週間、ガソリンが入れられるようになってから、動けるようになったことを思い出します。地元の一人ひとり皆、忘れてはいませんよ。子どもたちも落ち着いてきた今、タイミング的にはとても、良い時期ではないかなと思います。この絵本こそ、地元の子どもたちにとって身近に理解してくれることでしょう。(福島県在住の方より)

推薦のことば

たくさんの人の思いをのせて
-取材に協力してくださった運転士さんから届いた言葉- 2013年12月16日
この度は、「はしれディーゼルきかんしゃデーデ」出版おめでとうございます。そして、絵本ありがとうございます。私の一生の宝物にしようと思います。内容も素晴らしく、あの日の事がよみがえってきました。「たくさんの人の思いをのせて」の言葉は、取材時に私が一番思っていた事です。一致団結して走らせたこの物語が、多くの子供たちに伝われば良いと思っております。運転室の窓に張られた「頑張ろう東北」も書かれていたのには感激でした。
齋藤 勉(さいとう つとむ/JR貨物 東新潟機関区運転士)

書評

MONTHLYかもつ 2014年3月号 SPOTLIGHT
「はしれディーゼルきかんしゃデーデ」作者すとうあさえさんに聞く
毎日小学生新聞 2014年3月7日 あれから3年 東日本大震災 駆け抜けた貨物列車(下)
一筋の希望の光 力をあわせて希望を届けた
毎日小学生新聞 2014年3月2日 あの日を忘れない(上)
東京都小平市立小平第一小学校司書教諭 石橋幸子
福島民報 2014年2月22日
震災題材の「デーデ」読み聞かせ 天栄の湯本、広戸小訪問 絵本作家すとうあさえさん
交通新聞 2014年1月29日
被災地へ燃料輸送列車 運転の物語を絵本に
夕刊フジ 2014年1月23日 編集局から
報道部・久保木善浩
新潟日報 2014年1月19日 読書 にいがたの一冊
岡 信子(児童文学作家)