14ひきのシリーズ14ひきのシリーズ Aセット

14ひきのひっこし

14ひきのひっこし

いわむらかずお さく

もりのおくめざして、さあしゅっぱつ。川をわたり、不安な一夜をすごして、やっとみつけた、すてきな根っこ。みんなで力をあわせて家をつくり、はしも、すいどうもできた。たべものもたくさんあつめて、さむい冬がきてもだいじょうぶ。みんな、ほんとうにごくろうさま。

  • 定価1,296円 (本体1,200円+税)
  • 初版:1983年7月10日
  • 判型:B5判/サイズ:26.6×19cm
  • 頁数:32頁
  • 3歳~
  • ISBN:978-4-494-00618-2
  • NDC:913

特集ページ

感想を書く

読者の声

母のひろば655号 2018年12月15日発行 読者の声より
図書館で三歳になった頃から、14ひきのシリーズを借り、何度も何度も全てくりかえして読んでいる息子です。出だしの「おとうさん おかあさん……」のフレーズはそらんじています。ようやく自分の一冊を購入してやることができました。とっくんに親近感をもっていたようでしたのに、いつのまにかお兄さん目線です、面白いですね。息子は「おとなになったらやまいもをじょうずにほれるようになりたい」と言っています。雪国に住んでいる故か、『さむいふゆ』を一番読んでいますが、本屋さんで自分で選んだのは『ひっこし』でした!(北海道 T・T)
かわいいので運動会で♪
クラスの子たちが大好きな絵本で、運動会の競技でネズミになりきって障害物(山や川、岩など)をこえて、新しいおうちのゴールへひっこしていくを楽しみます♪本みながら小道具作りを頑張り中です。 クラスの可愛いネズミちゃん、ネズミくんの大家族…どんな姿をみせてくれるか楽しみです。(せんせいさん・25歳・女性)
おもしろいなっちゃん
あたらしいお家を作る時 ごうくんになっちゃんの持っていた竹があたった場面がとてもおもしろかったです。それとひとやすみする時なっちゃんが持っていた竹がてから離れておかあさんがびっくりするところもおもしろかったです。(こうたんこぶさん・7歳・男性)
自分の生まれた頃にできた絵本
小さい頃によく読んでいました。細かい絵の描写が特に好きで、ねずみ達が器用に住処を造っているのが興味深く、今日建築や物作りの仕事に関わっているのはこの本の影響もあるかもしれません。また、子供たちに動物も人間と同じように自ら生活を自分で作っている想像力を湧かせる絵本で、自分の子供が生まれたら是非読んで見せてあげて、共生の精神を培ってほしいです。(きっきさん・25歳・女性)
親子3代で楽しんでいます
小さい頃、弟と一緒に何度も何度も母に「読んで!」とせがみ、14匹と一緒に成長しました。 何度見ても新しい発見や楽しみがあって、飽きるどころか読む度に深まって…。 いつに間にか大人になり、もうすぐ1歳になる娘の母になった今、児童館でふと見つけた14匹。 夢中で魅入ってしまいました。 これからは娘と一緒に、また14匹の世界を旅していきたいです。(内藤 茜さん・23歳・女性)
14ひきのひっこし
おうちをつくっているとこがよかった(山岸 久藍さん・7歳・男性)
「14ひきのひっこし」の感想
おうちを建てる様子をとてもうれしそうに見ていました。最後のみんなが寝ているページは、「ママ、声小さく読んでよ。起きちゃう」とか言うんですよ。シリーズスタートで、他にも読ませていただきます。(A.M.さん・その他・27歳)
息子は14ひきの大ファン
息子は2歳になったころから14ひきの大ファンで、はじめのページの「おとうさん おかあさん… ぼくらはみんなで14ひきかぞく」のフレーズは暗唱してしまいました。
これからも14ひきシリーズがどんどん増えて、子どもたちに夢を与えてやってください。子どもたちばかりか私たち親もこの本のおかげでなごやかな心にさせてもらっています。
応援しています。(T.Mさん・主婦・37歳)
子ども以上に私が好きになった本
子どもに、と最初『14ひきのひっこし』を買いました。夜、寝る前に読んであげていますが、何十回、いいえ、きっと100回以上読まされたり、自分でよんだりと、この14ひきシリーズが大好きです。もう『14ひきのひっこし』はボロボロですが、大切にしています。子ども以上に私が好きになった本です。これからも楽しみにしています。(主婦・31歳)
忘れかけていた大切なものを、思い出させてくれる
絵がとても美しく繊細なのに驚き、ひかれました。子どもだからといって、原色オンリーの単調な絵の絵本ばかりでなく、このように、きめ細やかな美しい絵を与えても良いのだと考えを改めました。子どもにだけでなく、私たち大人が見ても、何か忘れかけていた大切なものを思い出させてくれるような本でした。(主婦・27歳)

書評

食農教育 2008年1月号
評者/選者:種村エイ子(掲載ページ125)

2018/10/1

<東京都>三省堂書店池袋本店にて、「14ひきのシリーズ」フェア展開中

ただいま三省堂書店池袋本店にて、「14ひきのシリーズ」フェアが行われています。ついに100万部を突破した『14ひきのひっこし』をはじめ、シリーズ12点がせいぞろい!『14ひきのひっこし』の場面パネルや ...

続きを読む