ももんちゃん あそぼう

ももんちゃん し~

ももんちゃん し~

立ち読み

カートにいれる

とよた かずひこ さく・え

動物たちが、親子でにぎやかにおさんぽしています。すると、ももんちゃんがやってきて、「し~」だって。どうしてかな? ももんちゃんが、そっと木の後ろに回ると……。
愛され続けて、ついにシリーズ15作目。「し~」という言葉と動作が面白く、読み聞かせると、子どもたちが嬉しそうにまねしてくれます。眠っているお友達を気づかう、少し大きくなったももんちゃんに出会えるお話です。きんぎょさん、さぼてんさんをはじめとして、かみなりさんなど、これまでシリーズに登場したキャラクターがほぼ総出演しています。

  • 定価864円 (本体800円+税)
  • 判型:B5変型判/サイズ:21×18.7cm
  • 頁数:24頁
  • ISBN:978-4-494-00150-7
  • NDC:913

特集ページ

感想を書く

読者の声

表紙の絵を見ただけで、かわいくて子どもに読んであげたいと思いました。
動物に興味を持ちはじめていて大好きなので、どんどん出てくる動物たちに夢中で、“し~”のページではいっしょにやっていて、とても喜んでいました。(40歳・女性)
1歳の子どもへの初めての絵本
7月で1歳になった子どもへの初めての絵本です。ももんちゃん「し~」と読むと、わたしのほうをじっと見てくれます。
上のお兄ちゃんの時から、ももんちゃんシリーズを読んでいますが、変わらずに読んだあとにホッとする絵本でした。(37歳・女性)
出産祝いでいただきました。よかったです。
2ヶ月の子どもに読んであげました。じーっと見ていました。これから読みつづけてあげたら、意味もわかってくれるようになると思うとうれしくなります。(30歳・女性)
ももんちゃんの成長がうれしいです
ももんちゃんのお友だちがたくさんでてきて、つぎはどうなるんだろう? と大人が楽しみになって読みました。
ももんちゃんシリーズの大ファンで、ずっと楽しんでいますが、ももんちゃんがものすごく成長していて、うれしくなります。
息子も生まれ、ももんちゃんシリーズをたくさん読んでいきたいです。息子の反応も、どんどん変化していくのだろうと思うと楽しみです。(40歳・女性)
息子もやさしさが育っています
赤ちゃんのときから、ももんちゃんを読んでいた息子は、もうすぐ4歳になります。
1歳の妹が寝ていると、ママのところにきて「ももんちゃんみたいに し~」と口に指をあてて言いにきます。文字は読めないけど、内容をおぼえているので、妹にも読んであげています。寝ているお友だちを思いやるももんちゃんのように、息子もやさしさが育っているのが見られて、うれしい1冊になりました。(31歳・女性)
ものすごくかわいいです! 1歳児クラスのこどもたちが大好きで、「もも(ん)しゃん!」といつもよーく見ています。(36歳・女性)

推薦のことば

孫に読み聞かせたくなる絵本 2013年4月2日
 10年以上続いている「ももんちゃん あそぼう」シリーズの15作目。いつも元気一杯で、みんなにやさしいももんちゃんは、10年経っても小さくて、かわいいままです。
 今回の「ももんちゃん し~」では、動物たちがたくさん登場します。ネコ、犬、ニワトリ。子連れのひつじ、ライオン、くまも、にぎやかにおさんぽです。なんと、だるまさんも、かみなりさんもでてきます。ももんちゃんは、みんなに「し~」といって、うしさん、さぼてんさん、きんぎょさん、おばけさんのおひるねをじゃましないようにしながら、じぶんもすーすーとおひるねです。
 動物たちもかみなりさんも、みんなかーわいーい。今にも動き出しそう。とよたかずひこさんの絵だけ見ても、あったかーい気持ちになります。
 生まれて初めて読む本としてぴったり。楽しい絵を見ながら、おかあさんに読み聞かせてもらううちに、自分でも、すぐに読めるようになるでしょう。ニャア ニャア、ワン ワン、どっしん どっしん、ゴロ ゴロなどの擬音語は、声に出して読むと楽しいです。
 読んでもらうのは、おかあさんでなくてもいい。まだ見ぬ孫に読み聞かせているおじいちゃん(私のこと)のすがたを思い浮かべて、ひとりにやにや。
浅野史郎(あさの しろう/前宮城県知事・前慶応大学教授)

書評

子どもの本棚 2013年9月号 新刊紹介