松谷みよ子 あかちゃんの本 (7) / 松谷みよ子 あかちゃんの本 Cセット (1)

もしもしおでんわ

もしもしおでんわ

立ち読み

カートにいれる

松谷 みよ子 ぶん/いわさき ちひろ

じりりーん、じりりーん、でんわがなります。もしもし、モモちゃんです。まだ、ねむたいの。

大人が使うものに好奇心いっぱいのあかちゃんに。

  • 定価756円 (本体700円+税)
  • 判型:B5変型判/サイズ:21×18.6cm
  • 頁数:20頁
  • ISBN:978-4-494-00107-1
  • NDC:913

特集ページ

感想を書く

読者の声

「もしもしおでんわ」の感想
この本を読みきかせてから、娘(次女1歳)は実際の電話の時に「わたしにかわれ!」と要求してきます。
長女(3歳)は、次女に読みきかせしているときに、おもちゃの携帯電話をもってきて、となりで「もしもし、○○ちゃん!」といいながら、知らない誰かとおしゃべり。自分の世界にひたっています。(J.T.さん・会社員・33歳)
不思議な魅力
松谷みよ子さんの絵本は、何度読んでも子どもが飽きません。不思議な魅力があるなぁと、いつも感心しています。(T.I.さん・28歳・女性)
なつかしい黒電話
優しい絵と文章で、いつか娘に読んであげたいと思っていました。
子どもたちは旧型の電話機(私にはちょっとなつかしい)が珍しいようで、「昔はこんな電話だったのよ」と説明するのも楽しかったです。(T.K.さん・32歳・女性)
おだやかな顔で
ホームヘルパーをしており、いま86才の方の介護をしています。この本をプレゼントしたところ、おだやかな顔で何度も何度も見ておられます。(M.M.さん・60歳・女性)
なんかいも
『もしもしおでんわ』は、なんかいもおでんわがかかってきたところが、おもしろかったです。(R.O.さん・5歳)