どうぶつ・ものがたり絵本

  • 全国学校図書館協議会選定
  • 初版:2023年1月10日
  • 判型:A4変型判/サイズ:24.6×21.6cm
  • 3歳~

感想を書く

ホッキョクグマのプック

どうぶつ・ものがたり絵本

ホッキョクグマのプック

あずみ虫

さむい冬のある日。カナダの北極地方で、ちいさなホッキョクグマのあかちゃんが生まれました。おかあさんは、あかちゃんにプックという名前をつけました。春になると、プックははじめて巣穴の外にでます。はじめてみる外の世界は、とてもひろくて、みたことのないものがいっぱい! プックのだいぼうけんのはじまりです。

アラスカに滞在して制作をする絵本作家・あずみ虫が、現地で観察した野生動物たちの物語を描きます。小さな子どもから楽しめるストーリーで、動物への興味の入り口となる絵本。ホッキョクグマの親子のあたたかな愛情を、親しみやすいイラストで描きます。

監修協力:村田浩一(よこはまズーラシア動物園園長)

  • 3歳~
  • 2023年1月10日初版
  • 定価1,650円 (本体1,500円+税10%)
  • 立ち読み
アザラシのアニュー

どうぶつ・ものがたり絵本

アザラシのアニュー

あずみ虫

さむい冬のある日。地球の北のほうにある海の氷の上で、タテゴトアザラシのあかちゃんがうまれました。おかあさんはあかちゃんに、アニューとなまえをつけました。アニューは、おかあさんのおちちをのんですくすくそだちます。ある日、おかあさんがうみにでかけると……。

アラスカに滞在して制作をする絵本作家・あずみ虫が描く、野生動物たちの物語。小さな子どもから楽しめるストーリーで、動物への興味の入り口となる絵本です。アザラシのあかちゃんが一生懸命に成長する姿を、親しみやすいイラストで描きます。巻末には、アザラシの生態を解説するページも収録。

監修協力:村田浩一(よこはまズーラシア動物園園長)

  • 3歳~
  • 2023年12月20日初版
  • 定価1,650円 (本体1,500円+税10%)
  • 立ち読み