どうぶつ・ものがたり絵本

アザラシのアニュー

あずみ虫

さむい冬のある日。地球の北のほうにある海の氷の上で、タテゴトアザラシのあかちゃんがうまれました。おかあさんはあかちゃんに、アニューとなまえをつけました。アニューは、おかあさんのおちちをのんですくすくそだちます。ある日、おかあさんがうみにでかけると……。

アラスカに滞在して制作をする絵本作家・あずみ虫が描く、野生動物たちの物語。小さな子どもから楽しめるストーリーで、動物への興味の入り口となる絵本です。アザラシのあかちゃんが一生懸命に成長する姿を、親しみやすいイラストで描きます。巻末には、アザラシの生態を解説するページも収録。

監修協力:村田浩一(よこはまズーラシア動物園園長)

  • 定価1,650円 (本体1,500円+税10%)
  • 初版:2023年12月20日
  • 判型:A4変型判/サイズ:24.6×21.6cm
  • 頁数:41頁
  • 3歳~
  • ISBN:978-4-494-01593-1
  • NDC:913

感想を書く

内容説明

さむい冬のある日。地球の北のほうにある海の氷の上で、タテゴトアザラシのあかちゃんがうまれました。おかあさんはあかちゃんに、アニューとなまえをつけました。アニューは、おかあさんのおちちをのんですくすくそだちます。ある日、おかあさんがうみにでかけると……。

アラスカに滞在して制作をする絵本作家・あずみ虫が描く、野生動物たちの物語。小さな子どもから楽しめるストーリーで、動物への興味の入り口となる絵本です。アザラシのあかちゃんが一生懸命に成長する姿を、親しみやすいイラストで描きます。巻末には、アザラシの生態を解説するページも収録。

監修協力:村田浩一(よこはまズーラシア動物園園長)

読者の声

読者さま

アニューと娘の成長が重なり、アニューの旅を応援したくなりました(31歳・女性)

あずみ虫先生の展示会にて購入しました。 アニューの成長と0歳8ヶ月の娘を重ね合わせてしまい、思わずアニューの旅を応援したくなりました。 お母さんとの別れ、大変な冒険を経て、笑顔だけではない表情が増えていくのがとてもかわいかったです。 海はこんなにカラフルな生き物が沢山いるんだ、夜は星が綺麗に見えるんだろうな…など、アラスカに思いを馳せて癒されました。 またアザラシの生態の解説も大変面白かったです。 地球温暖化の影響で可愛いアザラシが苦しんでいるのか…ということも知ることができました。 子供のみならず大人も楽しめる、素晴らしい絵本だと思います。 娘はまだ0歳8ヶ月なので、理解できるようになるまで大切にしていきたいです。 また、本日展覧会にて、あずみ虫先生に娘を大変可愛がっていただきました。作品のみならず、あずみ虫先生の優しく・朗らかなお人柄も大好きになりました。 あずみ虫先生の、0歳~2歳ごろから楽しめる絵本もあるととても嬉しいです。必ず購入します!
読者さま

1冊でたくさんの楽しみ方ができました。(36歳・女性)

アニューの赤ちゃんの時のかわいらしさ、お母さんとの別れの悲しさ、冒険のドキドキなど1冊でたくさんの楽しみ方ができました。
また、あとがきも丁寧で心がこもっていて、読んで考えさせられました。またアラスカの絵本を出してください!!

もっと見る

関連情報

2024/2/15

<東京都千代田区>あずみ虫さんの絵本原画展が開催されます!

2024年3月20日(水)から千代田区のブックハウスカフェにて、絵本作家・あずみ虫さんの絵本原画展「アラスカで描く野生動物の世界」が開催されます。お近くの方はぜひ足をお運びください。♦︎あずみ虫 絵本 ...

続きを読む

2023/12/6

<神奈川県川崎市>あずみ虫さんの講演会が開催されます!

2024年1月14日(日)に川崎市プラザ大師(教育文化会館大師分館)にて、絵本作家・あずみ虫さんの講演会が行われます。お近くの方はぜひご参加ください。♦︎「アラスカ生活と絵本制作」■絵本作家 あずみ虫 ...

続きを読む

もっと見る

書評

世界一つめたくて、あたたかな冒険 母のひろば716号(2024年1月15日発行)
 あずみ虫さんの絵本にであったのは、前作の『ホッキョクグマのプック』なので、とんだにわかファンだけれど、たちまち夢中になってしまった。そのかわいさに魅了されただけではなく、ものをつくるにんげんとしての、尊敬があふれて、とどめることができない。それは『アザラシのアニュー』でもまったく裏切られることはなかった。
 かんたんにいうと「アザラシの子が生まれておとなになるまで」のストーリーなのだが、その一言のなかに、いかに無際限のディテールがあるかをおもいしらされる。普遍、とはこういうことだ。
 生まれたばかりのやや黄味がかったアニュー。1点、へそのおの赤が、鮮やかにおかれている、1ページ目のそれを見ただけで、この本のテーマがなんなのか、理屈でなく、こころごとわかる。お母さんとの幸福な時間、独りのこされ、北極へ旅だち、仲間と出会う。その冒険が、空と海と氷と、いきとしいけるものの層をつうじて、なんと豊かに描かれていることか。
 バラノフ島、と検索してもらうといいけど、その豊かさが、アラスカに暮らすあずみ虫さん自身のつぶさな観察によってうまれたことがわかる。圧倒的な細部にうらうちされつつ、単に写実的ということではなく、五感、六感を通じ、いわば、コスモロジーごとつかまえているとかんじる。
 あずみ虫さんは、アルミの板を切り、着彩するという技法をつかう。切り、貼ることは、絵本に立体感をもたらす。けれどそれは、描かれた絵としての「立体感」ではない。切り絵貼り絵の紙より愚直で、金属としてはやわらかなアルミ素材の、截ち落とされた厚みの差は、絵というイメージの世界のなかに、イメージではないものの「手触り」をつれてくる。ほんのわずかな差だけれど、それは、視覚による脳内のせかいから、わたしたちを、つめたく、あたたかい冒険へと連れ出す扉だとかんじる。
 海藻と海藻の重なり。氷と海のはざまのアザラシ。筆による色彩やりんかくだけでは到れない「実在感」が、見飽きない魅力となる。むずかしいことではなく、それは、説明しがたいかわいらしさ、ぎこちなさ、愛嬌、不器用さ、愛おしさのようにして、子どもたちに、りくつぬきにあらわれる。ちいさなアニューを応援したくなり、勇気づけられるにちがいない。
 さいごに重要なのは、しっかりとしたあとがきと、解説のそんざいだ。ともすれば蛇足とかんじられがちな、あえての誠実さや良心は、絵本の力をしんじる作り手だけにできるひと手間で、その表現を、そとへ、そして未来へ送り出そうとしていると、おおげさではなく、ぼくには、おもえる。
斉藤 倫/詩人

もっと見る