単行本図書

生きる 劉連仁の物語

生きる 劉連仁の物語

立ち読み

カートにいれる

森越 智子 著/谷口 広樹

1944年9月日本軍により中国から連れ去られた劉連仁。苛酷な炭坑労働から逃亡し北海道の山中で一人、13年間生き抜いた魂の記録。

  • 第62回青少年読読書感想文全国コンクール・中学校 向け課題図書(2016年度)
  • 定価1,728円 (本体1,600円+税)
  • 初版:2015年7月5日
  • 判型:四六判/サイズ:19.4×13.4cm
  • 頁数:240頁
  • 中学生~
  • ISBN:978-4-494-02042-3

特集ページ

感想を書く

読者の声

『生きる』の感想
御社がこの様に史料や注など充実し丁寧な内容で、この問題についてまとめて下さいましたこと、感激しています。
HPでは「おとな」向けでしたが、ルビも装丁でも若い人に読み易いように工夫されております。戦後生まれの世代に手渡すための努力に御礼申し上げます。

書評

『教育 No.851』2016年12月号  2016年11月15日 BOOK子どもと本
日本子どもの本研究会 川上蓉子
日本児童文学2016年5・6月号  子どもの文学この一年 2016年6月16日
内川朗子さん
渡されたバトン
(日本児童文学者協会発行「日本児童文学」2016年3・4月号) 2016年5月2日
 誰もが戦争の悲劇を語り継ぐことは大切だと思いながら、なぜか加害者としての日本の歴史を語ることは自虐的だと否定されることがあります。しかし、本来戦争とは互いに殺し殺されるもの、被害者になるのと同時に加害者にもなるのが戦争の本当の姿です。

 『生きる』を書いたのは、戦争の犠牲となった数えきれない人たちの一人である中国人・劉さんの物語を通して、その「戦争の本質」を次世代へ伝えたいという思いからでした。

 また、命と尊厳を踏みにじられることへの皮膚感覚のような嫌悪感と怒りの共感、何よりなぜそのようなことが起きたのか、事実とその背景にある「社会」を見詰める目を、少しでも子どもたちに持ってもらいたい願いもありました。

 歴史を学ぶことは年号や英雄を覚えることではなく、人々がどう生き、何に迷い、何を選び、またどんな間違いを犯したのかを知ることにあるのだと思います。その歴史の一つ一つを直視することで、今と未来を修正していける。そうしていかなければ、あの時私たちは何のために犠牲になったのかと、地の底から問われる気がしてならないのです。

 過去から渡されたバトンを、時代の嵐に巻き込まれ、子どもたちの背中を見失ってしまう前に確かに渡したい。そしてたとえ絶望だらけの世界だとしても、必ず変えていけるのだと信じられる大人と子どもが共に生きる姿を、書いていくことができたらと思っています。
森越智子(もりこしともこ・著者)
子どもと読書 3・4月号 2016年2月20日
特集2015年子どもの本 この1年
広瀬恒子さん(親子読書地域文庫全国連絡会)
子どもの本棚 2016年2月号 2016年2月1日 「今月の書評」
小六教育技術 2016年1月号 2016年1月1日 「中学生になる前に読んでほしい10冊」
子どもの本棚 2016年1月号 2016年1月1日
北海道の学校図書館 第292号 2015年12月6日
女性のひろば 2016年1月号 2015年12月3日
季刊 保育問題研究 2015年12月号 2015年12月1日
宮崎憲子
日本児童文学 2015年11・12月号 宮川健郎 2015年11月10日
週刊金曜日 2015年11月6日
吉田亮子さん(編集部)
こどもとしょかん147号(東京子ども図書館刊) 2015年10月20日
図書館振興財団 選書 2015年10月16日
推薦文はこちらでご覧になれます
しんぶん赤旗(日曜版) 2015年8月30日
学校図書館 速報版(全国学校図書館協議会:発行) 2015年8月15日
北海道新聞 2015年8月15日
日本農業新聞 2015年8月15日
新婦人しんぶん 2015年8月6日
日中友好新聞 2015年8月5日