童心社のおはなしえほん

きらい きらい!

きらい きらい!

立ち読み

武田 美穂 作・絵

きらいなもの、なーに? きらいきらい、ニンジンきらい。あのにおいがイヤ。きらいきらい、おさかなきらい。こっちをにらんでる目がこわい……でも、きっとだいじょうぶ! 大きくなったら、たべられる。だから、もうちょっとまっててね──子どもにとって嫌いな食べ物や苦手なことは大きな悩みのタネです。そんな子どもの気持ちを解放する作品。ユーモラスにリズミカルな言葉で描き出した、子どもの成長を願う絵本です。

  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
  • 初版:2019年10月15日
  • 判型:B5変型判/サイズ:20.7×22.2cm
  • 頁数:34頁
  • 4・5歳~
  • ISBN:978-4-494-01634-1
  • NDC:913

感想を書く

読者の声

題名にハッとします
題名にハッとします。子どもたちは「きらい」を言ってはいけない言葉のように思って、はっきり言えずに日常を過ごしているのでは…… と思う場面が時々あります。ママが「大人になればできるようになる」「今はできなくても大丈夫」と励ましてあげるのが大切ですね。六歳の孫も「ぼく、そのうちできるようになるよ」と言います。(65歳)

2019/10/28

<新刊>いつかはきっと、だいじょうぶ。『きらい きらい!』

食欲の秋です。皆さんの好きな食べものは何ですか?きらいなものはありますか?子どもにとって、食べものの好ききらいは大問題です。園や学校の給食で、お家の食卓で、もしもきらいなものが出てきたら……? ...

続きを読む