童心社のおはなしえほん

はたけのにゃーこ

はたけのにゃーこ

立ち読み

織茂恭子

にゃーこはのらねこ、はたけのこねこ。いつもひとりであそんでる。畑の中で、一所懸命に生きる野良猫のにゃーこ。生命力あふれるにゃーこを、いきいきと描きます。

  • 定価1,430円 (本体1,300円+税)
  • 初版:2019年2月22日
  • 判型:B5変型判/サイズ:20.7×22.2cm
  • 頁数:32頁
  • 3歳~
  • ISBN:978-4-494-01630-3
  • NDC:913

紹介記事をみる

感想を書く

読者の声

力強くて、可愛らしい!
久しぶりに織茂恭子さんの絵本に出合えて嬉しいです。にゃーこが生き生きしていますね。力強くて、可愛らしくて、本当に素敵な絵本です。(宮城県 K・H)
子ども達に読んでやりたい
素敵な切り絵の色彩豊かな自然の中で、にゃーこは畑で一人、土や空の空気を感じ遊びます。その様子がとてもかわいくて楽しめる絵本です。早速児童館で子ども達に読んでやりたいです。(77歳・女性)
読めば読むほど、にゃーこがかわいく見えてきて、大好きになりました。
にゃーこがねこらしくて好きです。
読めば読むほど、にゃーこがかわいく見えてきて、大好きになりました。
にこにこうれしいそうなにゃーこの顔が特に好きです。
(29歳)

書評

母のひろば658号 2019年3月15日発行 にゃーこは畑がよく似合う
 猫にあまり興味などなかった。なのに突然、私達夫婦の畑に現れた子猫にたちまち心を奪われてしまい〈にゃーこ〉と名前までつけてしまった。

 畑は山々に囲まれた農村にある。夜は真っ暗。月と星と猫の目が美しく光り輝く。こんな所でにゃーこは何を食べて生きていくのか心配で、畑に行くときは食べ物も持っていくようになった。小さなお腹がぽんぽんになるまで一所懸命に食べて、食後はしなやかな身体でペロペロ毛け 繕づくろいする。触れば柔らかでふかふかの毛が心地よい。そしてあどけない寝顔。にゃーこはこの畑にほんとによく似合う。耕したホクホクの土の上をころげまわってはしゃぐにゃーこ。バッタを空中でキャッチしてムシャムシャ食べるにゃーこ。カブトムシもクワガタもカリカリガリガリ食べてしまうにゃーこ。小鳥やネズミを捕まえて得意そうに見せにくるにゃーこ。ときにはひどい怪我をして死ぬかと思ったこともある。でもにゃーこには野生の血が流れている。静かに待てば自然に治ることを知っているようだ。

 畑にはキツネやタヌキやアナグマもくる。みんなにゃーこより強そうだ。きっと怖いこともたくさんあるに違いない。そんな中で、精いっぱい生きているにゃーこ。かわいくて無邪気で淋しくても元気なにゃーこ。
 
 私はそんなにゃーこの絵本を作りたいと思った。

織茂恭子(おりも きょうこ/絵本作家)

2020/2/14

<いま、読みたい絵本>2/22「ねこの日」におすすめの作品、大集合!

2月22日は「ねこの日」です。今回は、ねこを愛するすべての人におすすめしたい、童心社の「ねこ」作品をご紹介します。『いいおかお』(松谷みよ子・ぶん 瀬川康男・え)ふうちゃんが ひとりで いいおかおを  ...

続きを読む