単行本絵本

どこへいくの? To See My Friend!

どこへいくの? To See My Friend!

いわむらかずおエリック・カール

世界的絵本作家二人による合作絵本。

日本語、英語、左右両方の表紙から始まり、それぞれ対訳関係になって、ストーリーが展開します。

  • 第36回造本装幀コンクール展読書推進運動協議会賞/SLA選定/JLA選定
  • 定価1,870円 (本体1,700円+税10%)
  • 初版:2001年11月15日
  • 判型:B5横変型判/サイズ:23.2×28.2cm
  • 頁数:32頁
  • 3歳~
  • ISBN:978-4-494-00500-0
  • NDC:913

感想を書く

読者の声

読者さま

「どこへいくの?To See My Friend! 」の感想(M.M.さん・主婦・30歳)

1歳のときより英語を習いはじめた娘のために絵本を探していたのですが、英語と日本語のものは全く見つけることができなかったです(ほとんどが日本語訳付きとかでした)。
この本は両方楽しめて私たちにはとっても良かったです。
読者さま

買ったその日に10回以上「読んで読んで」とせがまれました(H.N.さん・主婦・35歳)

「今度はこっちから」「こっちから」と両方の表紙から読んでまん中で「うたって うたって」と大騒ぎ。とても喜んでいました。エリックカールの本が好きで購入しましたが、いわむらかずおさんの絵がとても優しくあたたかいタッチでとてもよかったです。英語と日本語のリズムも同時に楽しめました。
読者さま

英語の本がほしいけど(Y.D.さん・主婦・28歳)

近くの本屋さんにはありません。
子どもが小さいのでなかなか出かけられなくて、たまたまこの本に出会いました。3歳の子どもが気に入っています。
私も読んであげられるので、こんな本をまっていました。
読者さま

感謝、感謝です。ありがとうございました。(A.I.さん・会社員・22歳)

大好きな作家の名が、背表紙に書いてあり(しかも2人の名が!)迷わず手にとりレジに向かっていました。読んでみて、見てみて、内容も素敵で、ほんわかしてきました。
今後の作品がとても楽しみです。この本をつくってくれて、ありがとうございます。
読者さま

5歳の娘が大きな声で読んでいます。(K.A.さん・会社員・33歳)

歌っているみたいで楽しそうです。リズム感あふれる言葉を大きな声で読んでいるうちに、自分が絵本の登場人物になって一緒に体験しているような気分になるのだろうと思い、感心してみています。
読者さま

クリスマスプレゼントにこの本を用意しました。(S.S.さん・主婦・38歳)

5歳になる娘は、本を持ったとたん一人で黙々と読みはじめました。なんとなくひらがなが読めるようになってきている現在、こんなにきちんと最後まで読んだのは初めてです。
そして英語の方は、英語ができない母親でも読んできかせることができました。良かった。

もっと見る

書評

edu 2008年11月号

2022/4/17

<益子町>移動図書館誕生記念! 4/23(土)いわむらかずおさんおはなし会開催

栃木県益子町の中央公民館図書室では、このたび“走る図書館”移動図書館が誕生しました。地元の絵本作家、いわむらかずおさんの人気絵本「14ひきのシリーズ」がデザインされた、かわいい移動図書館車です。こちら ...

続きを読む

2021/5/28

<ありがとう エリック・カールさん>『どこへいくの? To See My Friend!』

昨日、海の向こうから悲しいお知らせが届きました。絵本作家のエリック・カールさんがご逝去されました。91歳でした。心よりご冥福をお祈りいたします。エリック・カールさんが、「14ひきのシリーズ」のいわむら ...

続きを読む

2021/5/27

絵本作家のエリック・カールさんがご逝去されました。

世界的な絵本作家のエリック・カールさんが5月23日(日)ご逝去されました。91歳でした。弊社では、いわむらかずおさんとの共作で、長く愛されている『どこへいくの? To See My Friend!』を ...

続きを読む

2020/10/23

「いわむらかずお絵本づくり50年展」に行ってきました!

今年絵本作家デビュー50周年を迎えられた、いわむらかずおさん。それを記念して、栃木県の「いわむらかずお 絵本の丘美術館」では、ただいま記念展覧会が行われています。先日、童心社スタッフが美術館に ...

続きを読む

2018/4/13

<福島>いわき市美術館にてエリック・カール展 The Art of Eric Carleが開催されます。

世界中の子どもたちに愛されている絵本『はらぺこあおむし』の著者エリック・カール(1929- )は、小さなあおむしとともに長く豊かな道を歩んできました。本展では、絵本にとどまらず立体作品、舞台美術へと創 ...

続きを読む