とことこえほん

いいこ ねんね

いいこ ねんね

立ち読み

内田 麟太郎 ぶん/長谷川 義史

「さるの母さん歌います。いいこ、ねんね。いいこ、ねんね」ゆっくりとページをめくると、「すやすや、すやや。すやすや、すやや」…母さんに抱かれて、子ザルはすっかり安心して眠っています。そしてまたゆっくりぺーじをめくるとこんどは子イヌ。「いいこ、ねんね。いいこ、ねんね」と歌うお父さんに「くうくう、くーん。くうくう、くーん」とピッタリくっついて、安心しきって眠ります。リズミカルで心地よい、やさしい歌に抱かれて、ぐっすりと、安心して眠れることのできるしあわせを描いた、あかちゃん絵本です。

  • 定価935円 (本体850円+税)
  • 初版:2015年2月20日
  • 判型:B5変型判/サイズ:21×18.7cm
  • 頁数:20頁
  • 0・1歳~
  • ISBN:978-4-494-00347-1
  • NDC:913

感想を書く

読者の声

内田麟太郎さんの文、長谷川義史さんの絵が大好きです。
孫にもほっこり幸せな気持ちになってもらえるよう、いつも読み聞かせしています。(50歳・女性)
子守歌を歌って眠りにつく幸せ…。
お母さんのやさしい声に見守られて眠りにおちるボクの幸せそうな顔。
サルもイヌもネコの親子も、みんな温かくて幸せな表情。
ほっこりと気持ちがほぐれる大好きな絵本です。
ずっーとお母さんのやさしい歌声を聞いていたい子どもの素直な気持ちが心にしみわたるのです。
大人にも読んでほしい1冊です!!
(54歳・女性)

2019/10/4

<京都>長谷川義史さんらの「しげちゃん一座」が絵本ライブショー

『いいこ ねんね』『おひざでだっこ』などの絵本を手がける絵本作家の長谷川義史さんは、女優の室井滋さんらと「しげちゃん一座」を結成し、全国各地でライブを行っています。この度、下記日程で、「しげちゃん一座 ...

続きを読む