2021.08.24

<ニュース>「紙芝居アカデミー特別編 ミニ講座 かみしばいがはじまるよ!」第2回配信!

先日スタートしました動画による紙芝居ミニ講座、「紙芝居アカデミー特別編 ミニ講座 かみしばいがはじまるよ!」。

このたび第2回を配信しました。

今回のテーマは、「紙しばいの形式と特性」です。
ちょっと難しそうな響きですが……。
改めて、紙しばいがどんなものなのか、絵本と紙しばいはどう違うのか、など紙しばいならではの形についてご紹介し、そこから生まれる紙しばいの特性を考えていきます。
日本生まれの紙しばいがもつユニークな魅力をぜひご覧ください。
紙芝居舞台の使い方もしっかり解説しますよ。



第1回「かみしばいってなあに?」はこちら

紙しばいを演じてみたいけど、難しそうだと思っている方、
保育園・幼稚園の研修で紙しばいを学びたいと思っている方、読みきかせの活動をしている方――などなど、紙しばいが気になる! という方はぜひのぞいてみてくださいね。

5回の連続講座でお届けします。
動画をご覧になったご感想やご意見、リクエストなど、ぜひお寄せください。
第3回の公開は9月上旬の予定です。

<童心社では紙芝居の講座を開いています>
紙芝居について、もっと学んでみたいという方々へ、講師の派遣や、講座開催のご相談を随時受けつけています。
くわしくはこちらをご覧ください。
https://www.doshinsha.co.jp/kamishibai/school/
三びきのこぶた

世界の名作 第1集

三びきのこぶた

イギリス民話川崎 大治 脚本/福田 岩緒

おかあさんに、自分の家を作るように言われた三びきのこぶたたち。なまけものの大ぶたはわらの家を、中ぶたは木の家を、はたらきもののちいぶたちゃんは、レンガの家を作りました。ところがそこへ、わるもののオオカミがやってきます。こぶたたちを食べてやろうと、わらの家と木の家を、オオカミはふうーっとふきとばしてしまいます。家をふきとばされてしまった大ぶたと中ぶたは、ちいぶたちゃんのレンガの家ににげこみます。ふきとばそうとしても、ビクともしないレンガの家に、オオカミは煙突から入ろうとたくらみますが……。こぶたたちの知恵でピンチを切り抜ける痛快な結末に、子どもたちも大満足のロングセラー紙芝居。

  • 3歳~
  • 1986年4月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
アマガエルのきしょうよほうし

2021年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

アマガエルのきしょうよほうし

キム・ファン 脚本/ミヤザーナツ

アマガエルの子ども・あたるのおとうちゃんは、まるで、気象予報士。おとうちゃんが鳴くと、かならず雨が降ります。「はやく、おとうちゃんのようになりたいよ」ある朝、おとうちゃんはあたるに、朝焼けの日は雨が降ることを教えてくれました。つぎの日は、ツバメが低いところを飛んでいたので、こういう日は雨が降ると教えてくれました。あたるが、大きな声で鳴く練習をしていると、声を聞きつけたサギが近づいてきて……。

  • 4・5歳~
  • 2021年6月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
童心社オリジナル紙芝居舞台

紙芝居関連用品

童心社オリジナル紙芝居舞台

《特徴》
・紙芝居画面が大きく見えます。
 (画面サイズ:34.6×24.7cm)
・作品を抜きやすくしたり、作品に影ができづらく
 すっきり見えるように、改良いたしました。
・金具の色を、目立ちにくい色に変えました。
・取っ手を、持ちやすく丈夫なものにしました。
・木製(国産タモ材)。
・重量:2.2kg

  • 一般~
  • 初版
  • 定価11,524円 (本体10,476円+税10%)