14ひきのシリーズ14ひきのシリーズ Bセット

14ひきのおつきみ

14ひきのおつきみ

カートにいれる

いわむら かずお

今夜は十五夜。みんなで、木の上にお月見台を作って、ごちそうも並べて、お月見です。

  • SLA選定/よい絵本
  • 定価1,296円 (本体1,200円+税)
  • 判型:B5判/サイズ:26.6×19cm
  • 頁数:32頁
  • ISBN:978-4-494-00683-0
  • NDC:913

特集ページ

感想を書く

読者の声

息子の一番のお気に入りです。
14ひきシリーズは、息子が2歳のとき「あさごはん」がはじまりでした。
文章が少なく、絵がたくさんなので息子の一番のお気に入りです。いまでは自分で読みながら、絵の中の虫や花やねずみ達の動作をいろいろ見つけては、本文以外のストーリーを自分で作っています。(M.H.さん・主婦・35歳)
“くんちゃんも自分とおなじ”
4歳の長女は、くんちゃんみたいにいつもお人形といっしょです。
“くんちゃんも自分とおなじ”というのがすごくうれしいようです。
2歳の次女は、じーっくり絵を見て、虫たちを見つけては喜んでいます。
子どもが同感できるものをこれからも描いてください。(K.Tさん・主婦・31歳)
『14ひきのおつきみ』を読んでから…
『14ひきのおつきみ』を読んでから、3歳の娘がことあるごとに、手を合わせておいのりするようになりました。
とてもステキな絵本です。(主婦・43歳・女性)
何とも言えない色
いつも楽しく読ませていただいております。美しい自然の描写が、私は何よりも好きです。
特に、『14ひきのおつきみ』の夕暮れ時の色。あの何とも言えない色には感激しました。
田舎で過ごした幼い頃を、思い出す色です。(主婦・30歳)
自分もそこにいるような
色づかいがたいへんきれいで、読んでいるうちに、本当に自分もそこにいるような気がしてきます。
子どもたちにも評判が良く、熱心に聞いてくれました。
家族のあたたかみが伝わってくる絵本だと思います。(保育士・23歳)

書評

保育のひろば 2011年9月号
わたなべめぐみ(童話作家/文京学院大学・千葉経済大学短期大学部非常勤講師)