とことこえほん

どーこだ どこだ

どーこだ どこだ

立ち読み

カートにいれる

カズコ G・ストーン さく

ピーちゃん、どこだ? あかちゃんにもやさしいかくれんぼ。親子でいっしょに指さししながら楽しんでください。


  • 定価864円 (本体800円+税)
  • 判型:B5変型判/サイズ:21×18.7cm
  • 頁数:20頁
  • ISBN:978-4-494-00392-1
  • NDC:913

感想を書く

読者の声

私も娘を“ギュッ”と
6ヶ月の娘に読みきかせています。絵もかわいらしく夢中になって見つめています。
「どーこだ、どこだ」の所では、声をたてて『キャッキャッ』と喜んでいます。最後のにわとり母さんがひよこ達をうでの中に入れている所で、私も娘を“ギュッ”とだきしめてあげるようにすると、2人共々幸せな気持ちになります。(女性)
絵本が大好きな1歳
友人から出産祝いで頂きました。
おすわりができる頃から、本をペラペラめくる遊びが大好きな我が子は、絵本が大好きな1歳になったようです。「どこだどこだ」と問いかけるとヒヨコのピーちゃんを指さしたり、おいしそうなイチゴを指さしたりしています。双子で抱っこしてよませてあげられることが少ないですが2人で競い合って指をさして遊べるよい本です。(30歳・女性)
絵が見やすく色彩の美しい本を
ストーリーが短めで分かりやすく、絵がとてもキレイですね。1歳未満の赤ちゃんはまだ言葉や内容が理解できないので、絵が見やすく、色彩の美しい本がもっとたくさんあるといいと思います。(27歳・女性)
一所懸命にぴーちゃんを指差し
かわいらしいひよこのピーちゃんのかくれんぼに0才児の娘は興味津々。やっと指差しができるようになったところなのに一所懸命にぴーちゃんを指差してます。(30歳・女性)
“密着”して読んでいます
2才の娘は絵本を読んでもなかなかじっとせず、ページをめくったり、やぶったりとまともに1冊読むのは“まれ”な事でした。
この「どーこだ どこだ」は、初めて読んだ時からお気に入りのようで、じっと座って聴いてくれます。
ピーチャンが出てくると「ピーチャンみっけ」と言って指さししたり、いろんな表情をしてくれます。1日に何回も“密着”して読んでいます。(29歳・女性)

書評

おさなご 2007年2月・3月号
安曇野ちひろ美術館オススメの絵本
フリーマガジン「ぱど」 2006年11月10日
話題の新作絵本紹介