〈東京〉「ちひろと世界の絵本画家コレクション わたしのアンデルセン」


○いわさきちひろ 花のなかのおやゆび姫 『おはなしアンデルセン』(童心社)より1965年

人の世の夢や真実を美しい童話につむぎ、創作童話の祖として知られるハンス・クリスチャン・アンデルセン。
東京練馬区のちひろ美術館・東京にて、いわさきちひろさんなど、国内外の絵本画家によるアンデルセン作品を描いた絵本原画展が開催中です。

期間:2017年3月1日(水)~5月14日(日)主催 :ちひろ美術館

展覧会では、いわさきちひろさんがアンデルセンの童話や自伝に描いた作品のほか、初山滋さん、クヴィエタ・パツォウスカー等国内外の絵本画家たちが描いた作品も紹介されています。
『おはなしアンデルセン』から「花のなかのおやゆび姫」の原画も展示されます。ぜひお立ち寄りください。
詳しくはこちらの「ちひろ美術館・東京」のページをご覧ください。
おはなしアンデルセン 新装版

母と子のお話の本

おはなしアンデルセン 新装版

与田 凖一松谷 みよ子川崎 大治 編著/岩崎 ちひろ

世界中の子どもたちに愛されているアンデルセン童話から、代表作八作を集めました。

  • 3歳~
  • 1965年11月20日
  • 定価2,160円 (税込)