2021年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

ぶんぶくちゃがま

ぶんぶくちゃがま

立ち読み

川崎大治 脚本/馬場 のぼる

むかしむかし、いのちを助けてくれた古道具屋のぜんすけさんに恩返ししようと、たぬきがちゃがまにばけました。ところが、お寺にひきとられ、川でこぞうさんにごしごしみがかれたり、おしょうさんに火にかけられたり……。すると、たぬきの頭や足や尾がはえて、ちゃがまがにげだしました。ぶんぶくちゃがまの恩返しとは?

かたりに通ずる川崎大治さんの脚本と、ユーモラスでひょうひょうとした馬場のぼるさんの絵が楽しい一作です。

  • 文部科学省選定
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 初版:2021年11月1日
  • サイズ:26.5×38.2cm
  • 4・5歳~
  • ISBN:978-4-494-09373-1
  • NDC:913

感想を書く

読者の声

読者さま

茶釜になったたぬきもとてもとても可愛らしくてお気に入りです(53歳・女性)

昔から知られているお話ですが、馬場先生の絵がとても良かったです。ぜんすけさんの優しさが良く表れていますし、茶釜になったたぬきもとてもとても可愛らしくてお気に入りです。

もっと見る

2022/1/25

<コラム>童心社、2021年の新刊紙芝居をふりかえり!

2022年も早くも1か月が経とうとしていますが、今回は2021年の紙芝居の新刊をふりかえります。2021年、紙芝居の新刊を30作品出版しました。今の子どもたちに届けたいおはなしがそろいました。2021 ...

続きを読む