2019年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

おれがいちばん かけあしオオカミ

おれがいちばん かけあしオオカミ

立ち読み

内田麟太郎 脚本/早川純子

ど、ど、ど、ど、ど。森一番あしのはやいオオカミが、かけぬけます。そしてなんでも食べてしまうので、森の動物たちはこまっています。「オオカミにかてるかもしれないよ」と声をかけたのは、子ダヌキでした。

  • 定価2,090円 (本体1,900円+税)
  • 初版:2019年11月1日
  • 判型:B4判/サイズ:26.5×38.2cm
  • 頁数:12場面
  • 4・5歳~
  • ISBN:978-4-494-09315-1
  • NDC:913

感想を書く

2019/10/31

<新刊・定期刊行紙しばい>『おれがいちばん かけあしおおかみ』

森の動物たちを食べまくるオオカミがいました。その速さは、森いちばん。「ど、ど、ど、ど、ど ぶわーっ」と駆け抜け、森の動物たちを次々に飲み込んでいきます。「このまんまじゃ……、あたしらは……」 ...

続きを読む