紙芝居ベストセレクション 第1集

てんとうむしのテム

てんとうむしのテム

得田 之久 脚本・画

夏の夜明け、てんとう虫のテムがひとりでさんぽにでかけました。アオムシやアリやオケラに会いますが、いっしょにさんぽしてくれません。

  • 定価2,090円 (本体1,900円+税)
  • 初版:1970年7月1日
  • 判型:B4判/サイズ:26.5×38.2cm
  • 頁数:12場面
  • 3歳~
  • ISBN:978-4-494-07596-6
  • NDC:913

感想を書く

読者の声

「てんとうむしのテム」の感想
私は、普段からテントウムシがいっぱいいる畑をやっているので、珍しいわけではないのに、この作品のバックが色づけがなく、テントウムシが赤く色づけされている効果がすごくあるとおもいます。よく一点を見ているとまわりが見えなくなるような感じで、テムに自分がなっちゃうような感じです。(みっこさん・女性)
テムの気持ちになって
3歳の孫は、自分がてんとうむしのテムになったように「おしまいにお友だちにあえてよかったね」と言いました。(N.N.さん・75歳・女性)