紙芝居ベストセレクション 第1集

てんとうむしのテム

てんとうむしのテム

立ち読み

得田 之久 脚本・絵

夏の夜明け、てんとう虫のテムがひとりでさんぽにでかけました。アオムシやアリやオケラに会いますが、いっしょにさんぽしてくれません。

  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 初版:1970年7月1日
  • 判型:B4判/サイズ:26.5×38.2cm
  • 頁数:12場面
  • 3歳~
  • ISBN:978-4-494-07596-6
  • NDC:913

感想を書く


読者の声

読者さま

「てんとうむしのテム」の感想(みっこさん・女性)

私は、普段からテントウムシがいっぱいいる畑をやっているので、珍しいわけではないのに、この作品のバックが色づけがなく、テントウムシが赤く色づけされている効果がすごくあるとおもいます。よく一点を見ているとまわりが見えなくなるような感じで、テムに自分がなっちゃうような感じです。
読者さま

テムの気持ちになって(N.N.さん・75歳・女性)

3歳の孫は、自分がてんとうむしのテムになったように「おしまいにお友だちにあえてよかったね」と言いました。

もっと見る

2022/4/27

<5月のおすすめ紙しばい>小さな虫たちのいのちの輝き『てんとうむしのテム』

夏を思わせる日差しと暑さの日が増えてきました。草むらにすむ虫たちの姿と命を美しく描いた、初夏から夏にかけてのおはなし会にぴったりな紙芝居をご紹介します。夏の夜明けです。草原で花にとまってねむっていた、 ...

続きを読む