絵本・こどものひろば

ナミチカのきのこがり

ナミチカのきのこがり

立ち読み

降矢なな

ナミチカがおじいちゃんと初めてのきのこがりに出かけると、おもしろいキノコが次々に現れます。食べられるキノコを探しながら行くうちに、丸く輪になっている赤いキノコが見つかりました! ふしぎなことに……。

  • 定価1,404円 (本体1,300円+税)
  • 初版:2010年9月10日
  • 判型:B5判/サイズ:19.1×26.6cm
  • 頁数:32頁
  • 3歳~
  • ISBN:978-4-494-02557-2
  • NDC:913

紹介記事をみる

感想を書く

読者の声

子育てサークルでも紹介したいです。
子育てサークルでも紹介したいです。
60年近く前の子どもの頃は、きのこを取りに行ったり、たきぎを取り行ったりするのが田舎の普通の暮らしでした。『ナミチカのきのこがり』とは全く違った風景で比べると、とてもおしゃれでかっこよく感じます。スロバキアの森の空気に触れさせていただいて、とても嬉しいです。もちろん孫と楽しんでいます。子育てサークルでも紹介したいです。

推薦のことば

スロヴァキアの森へ
みなさんは、キノコ狩りに行ったことがありますか?
日本人にとって、キノコ狩りってあまり身近ではないように思うのですが、それは私が東京育ちだからでしょうか。キノコには毒キノコや笑いタケなどもあって、素人が気軽に採って食べては危ない恐さがあるように思えます。
しかし、スロヴァキアの人びとにとって、キノコ狩りは家族が普通に楽しむ娯楽のひとつです。と同時に、たいせつな食料採集活動のひとつでもあります。まちがいを犯さないために、本屋さんには何種類ものキノコ図鑑が売られています。シーズンが来ると、人々は天候や気温をチェックして、朝早くからカゴを持って森へでかけます。集めたキノコの大半は、干しキノコやビン詰めなどの自家製保存食にします。
私がはじめてキノコ狩りに行ったのも、スロヴァキアの森でした。夫や義父母たちに混ざってキノコをさがす初心者の私には、食べられるキノコがまったく見つけられません。地面に焦点、視神経を集中させながら歩いていると皆からはぐれそうになり、あわててキョロキョロ辺りを見回したり。そんな中、生まれてはじめて本物のベニテングダケを見つけたときの驚き!
この絵本は、「私のはじめてのキノコ狩り」でもあります。スロヴァキアの森の空気を、日本へ送りこめたら嬉しいです。どうぞナミチカといっしょに、森のキノコたちとのひとときを楽しんで下さい。
降矢なな

書評

赤旗 2010年10月23日 子どもの本
尾代亜由さん(安曇野ちひろ美術館)

2019/3/11

<群馬>降矢ななさんの絵本原画展が開催されます。

「わらべうたでひろがるあかちゃん絵本」などの作品を描いている絵本作家の降矢ななさんの絵本原画展が下記の日程で開催されます。会期中に関連イベントとして、降矢ななギャラリトーク&サイン会も開催されます。ど ...

続きを読む