日・中・韓平和絵本

京劇がきえた日

京劇がきえた日

立ち読み

姚紅 作/中由美子

1937年、日本軍が迫る南京の秦淮河のほとりに住む少女の家に、京劇の花形役者がやってくる。シャオおじさんというその役者の発声練習を、たくさんの人たちが河の向こうで聞いていた。切符をもらった少女は、おばあちゃんとおじさんと三人で初めて京劇を見に行くが、次の公演は中止になる。ヨウおじさんは、侵略軍のためにはやらないという。そして、少女にきれいな髪飾りを渡して去っていく。その後、南京の町には日本軍の空襲が始まり……。

  • 豊子?(フォンズカイ)児童図画書・賞審査員特別推薦賞
  • よい絵本選定
  • 定価1,980円 (本体1,800円+税)
  • 初版:2011年4月1日
  • 判型:B5判/サイズ:26.6×19.1cm
  • 頁数:36頁
  • 小学1・2年~
  • ISBN:978-4-494-01965-6
  • NDC:923

特集ページ

感想を書く

戦時中の南京の町と人びとを鮮やかに描く絵本。

書評

この本読んで 2011年秋号
子どもの本棚 2011年8月号
子どもの本棚 2011年9月号
しんぶん赤旗 2011年6月25日
淡い水彩と鉛筆線を使った、美しい水辺の情景や華やかな舞台の描写の後に現れる、暗い戦争の影。1937年の南京事件の悲劇を、幼い子の目線でとらえた絵本。
屋代亜由(安曇野ちひろ美術館)

2019/8/6

「よい絵本」読書活動ノートデジタル版ができました!

全国学校図書館協議会(全国SLA)が1977年以来、学校や家庭、地域で子どもたちへの読み聞かせや絵本をすすめるときの、選書の手がかりとなる優れた絵本リストとして、発表し、解説目録などを発行してきた「よ ...

続きを読む