今森光彦の昆虫教室

今森光彦の昆虫教室 くらしとかいかた

今森光彦の昆虫教室 くらしとかいかた

立ち読み

今森 光彦 作/廣野 研一

虫は野外でどんなくらしをしているのか、人気の虫の面白い生態を写真で紹介しています。くらしを知ったところで、その虫の飼い方を掲載。カブトムシからトンボ、アメンボ、クモまで…。ケージに入れるものやエサをイラストで分かりやすく解説しています。カブトムシやクワガタムシなど、人気の虫は特に卵のうませ方や羽化の観察など、情報満載。フィールドノートのつけかた、写真のとりかたなど記録の残しかたも、実例つきで丁寧に掲載し、飼育の達人と言われたファーブルや、昆虫のあつまる庭の作り方も紹介しています。

  • 平成26年度児童福祉文化賞
  • 定価1,925円 (本体1,750円+税10%)
  • 初版:2013年6月20日
  • 判型:A4変型判/サイズ:28.7×22.2cm
  • 頁数:48頁
  • 小学1・2年~
  • ISBN:978-4-494-01449-1
  • NDC:486

感想を書く

著者のことば

 生き物への強い関心は、手にふれてじっくりながめることからはじまるといっていいでしょう。日本の子どもたちは、もともと小さな生きものに目をくばれる繊細な感性をもっています。科学と芸術がまざりあった昆虫採集は、“日本の子どものあそびの文化”だといえます。
 この本は、昆虫採集について、私が体験したことをもとにくわしく解説してあります。これから野山にでかけて昆虫採取をしてみよう、という人がでてきたら、とてもうれしいです。(『今森光彦の昆虫教室 とりかた・みつけかた』前文より抜粋)

書評

子どもと読書 2014 3・4月号 2013年 子どもの本 この一年
教育新聞 2013年7月18日 学校図書館に置きたいオススメの児童書
クーヨン 7月号 作家の掲示板

2019/8/28

<東京>残席わずか! 今森光彦さんの新刊『丘のうえのいっぽんの木に』の刊行記念トークイベント 

写真家で切り絵作家の今森光彦さんの新刊『丘のうえのいっぽんの木に』の刊行記念として、下記の日程でトークイベント~大人のための児童書の夕べ~が開催されます。どうぞお申し込みの上でご参加ください。お申し込 ...

続きを読む

2019/8/23

<東京>クレヨンハウス東京店 にて今森光彦さんスペシャルトークイベントが開催されます。

同店の科学絵本大特集フェアの締めくくりとして、里山の風景や自然とひとの関わりを写真に収めてこられた写真家・切り絵作家の今森光彦さんのスペシャルトークイベントが開催されます。自然について、昆虫について、 ...

続きを読む

2019/8/8

<東京>今森光彦さんの新刊『丘のうえのいっぽんの木に』の刊行記念トークイベントが開催

写真家で切り絵作家の今森光彦さんの新刊『丘のうえのいっぽんの木に』の刊行記念として、下記の日程でトークイベント~大人のための児童書の夕べ~が開催されます。どうぞお申し込みの上でご参加ください。日時:2 ...

続きを読む