絵本・こどものひろば

ゴムあたまポンたろう

ゴムあたまポンたろう

立ち読み

長新太

山にポンとぶつかって、ボールのように空をとぶゴムあたまポンたろう。ゴムでできた頭は、どんなものにあたってもいたくありません。山にポン!とぶつかって、とんでいった先には、バットのような角をはやした大男がひるねしていて……。
バラの花畑や、おばけの町、ジャングル、サバンナなど、世界を旅するポンたろうのふしぎな世界一周の旅。

  • SLA選定/SLBC選定/第4回日本絵本賞/<よい絵本>
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
  • 初版:1998年3月25日
  • 判型:B5判/サイズ:26.6×19.1cm
  • 頁数:32頁
  • 3歳~
  • ISBN:978-4-494-00881-0
  • NDC:913

感想を書く

読者の声

読者さま

とてもおもしろかったです(5歳)

とてもおもしろかったです。とちゅうで、かなしむところもありましたけど、でもとてもおもしろかったです。ぽんたろうがなんどもぶつかっておもしろかったです。
読者さま

うっとりしてしまいます(33歳)

安曇野ちひろ美術館で出会った原画に惹かれ、購入しました。長新太さんの、予想のできない内容にうっとりしてしまいます。
子どもは、ポンたろうが「ポン」とぶつかるところでは、ポンと手をたたいたり、とげがハハハと笑うところで「ハハハ」と一緒に笑ったり、とても楽しんでいます。
読者さま

困ったときの長新太(34歳)

我が家はもちろん、子どもの学校の読み聞かせ活動のときの私の座右の銘は「困ったときの長新太」。
とにかく長さんの絵本を読むと、子どもたちはワーッともりあがり、みんなが元気になります。
今までは図書館から借りていたけれど、長さんが他界したこともあり、お気に入りは購入することにしました。
読者さま

娘が一目ぼれ(33歳)

カタログを見ていた娘が一目ぼれ。4歳の誕生日プレゼントとなりました。
表紙とタイトルにひかれて買ったのですが、内容にも大満足。毎日うれしそうに読んでいます。
こんなに繰り返し、「読んで」と持ってくるのは初めてで、私も、1歳の妹も一緒に笑って楽しんでいます。
読者さま

わたしだったらいたい(8歳)

あたまがゴムでできているから、なににあたってもいたくないところがびっくりしました。わたしだったらいたいとおもいました。

もっと見る

書評

毎日新聞 2006年5月17日(朝刊)

2019/8/6

「よい絵本」読書活動ノートデジタル版ができました!

全国学校図書館協議会(全国SLA)が1977年以来、学校や家庭、地域で子どもたちへの読み聞かせや絵本をすすめるときの、選書の手がかりとなる優れた絵本リストとして、発表し、解説目録などを発行してきた「よ ...

続きを読む

2018/4/26

『ゴムあたまポンたろう』『みみずのオッサン』がTシャツになりました!

『ゴムあたまポンたろう』『みみずのオッサン』がTシャツになりました!デザインTシャツでおなじみの株式会社グラニフさんから、人気絵本作家、長新太さんの絵本がTシャツになって多数登場します。童心社のもので ...

続きを読む