とことこえほん

まるまるころころ

まるまるころころ

立ち読み

得田 之久 ぶん/織茂 恭子

いろんな色の丸が、ころころころがったり、ひらひらとんだり。ページをめくると……あれあれ、ぶどうになったり、ちょうになったり、てんとうむしになった!
丸と色を、美しい絵で楽しく認識する絵本。

  • 定価880円 (本体800円+税10%)
  • 初版:2007年10月15日
  • 判型:B5変型判/サイズ:18.7×21cm
  • 頁数:28頁
  • 2歳~
  • ISBN:978-4-494-00394-5
  • NDC:414

感想を書く

読者の声

読者さま

最初に出会う本(主婦・女性)

小さい子どもたちが最初に出会う本としてとっても素敵です。
ごろんごろん、ころんころん、と言葉のリズムが楽しく、聞きながら体をゆすってみたりします。
あかいまる、くろいまるまで指をさしに来たりします。
楽しい本をありがとう。
読者さま

「なんだろう」「どうなるだろう」(75歳・女性)

子どもたちの心の広がりが自然とわいてきて、
次々と「何だろう」「どうしよう」「どうなるだろう」
とこどもたちの目の輝きが見えてきます。
読者さま

色や形、まで覚えられる(38歳・女性)

この本を読んでいるうちに色や形、物の名前まで覚えてしまいました。
繰り返し読めるのでいいです。
読者さま

子供と大笑いしました(37歳・女性)

とてもカラフルな色づかいで、このまる次は何だろう?と子供と2人で考える時間も楽しく、
緑のまるの時は想像もつかなくて、体のながいあおむしになった時は
子供と大笑いしてしまいました。

もっと見る

書評

ひよこクラブ 2008年6月号
おすわり・はいはいのころ(6~11カ月)におすすめの絵本
MOE 2008年2月号
気になる新刊
MOE 2008年2月号
気になる新刊

2019/1/25

子育て中の童心社スタッフが語る「0・1歳のあかちゃん絵本」

あかちゃんといっても、生まれたての新生児から、歩きはじめる1歳すぎの子まで、発達段階によって行動や関心もさまざまです。「今、わが家のあかちゃんにはどんな絵本がよいのだろう?」とお思いのお父さんお母さん ...

続きを読む