2022.02.03

紙芝居『かまた先生のはだかのおうさま』が、ラジオ番組「鎌田實×村上信夫 日曜はがんばらない 」(文化放送)で紹介予定です。

作家、医師として幅広く活躍されている鎌田實さん。
今月、2作目となる紙芝居『かまた先生のはだかのおうさま』(鎌田實 脚本/松成真理子 絵)が刊行されました。

本作では、有名なアンデルセンの原作にはない、正直者で王様想いの弟が登場し、王様は自分自身の至らなさに気づいていきます。真実を見ぬく目を持ち、自分らしく生きていってほしいという願いをこめた鎌田實版「はだかのおうさま」です。

今回の紙芝居にもこの作品をなぜ作ったか、鎌田さんによる解説を収録。
第57回五山賞 特別賞を受賞した、前作『かまた先生のアリとキリギリス』(鎌田實 脚本/スズキコージ 絵)とあわせてどうぞお楽しみください。


2/13(日)、鎌田實さんが村上信夫さんと司会を勤めるラジオ番組「日曜はがんばらない」 (文化放送)にて、この作品が紹介される予定です。
ぜひお聴き下さい。
放送局:文化放送
放送予定日:2/13(日)午前6:20〜

「鎌田實×村上信夫 日曜はがんばらない 」番組ホームページ



かまた先生の はだかのおうさま

2021年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

かまた先生の はだかのおうさま

鎌田實 脚本/松成真理子

おしゃれするのがだいすきな王さま。ある日、うつくしいふくをつくる名人だという男たちがやってきて、ばかものには見えない、とくべつなふくをつくるといいます。さて王さまは……

真実を見ぬく目を持ち、自分らしく生きていってほしいという願いをこめた鎌田實版「はだかのおうさま」。

  • 4・5歳~
  • 2022年2月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
かまた先生の アリとキリギリス

2018年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

かまた先生の アリとキリギリス

鎌田 實 脚本/スズキ コージ

夏の間、バイオリンばかりひいていたキリギリス。冬になって食べものがなくなりアリの家を訪ねると、冷たく断られてしまいました。でもキリギリスのバイオリンに元気づけられたというアリがいて……。

  • 4・5歳~
  • 2018年11月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み