2021.04.30

<メディア>日本海新聞「みみちゃんプレス」にて『ちこくのりゆう』が紹介されました!

4月11日(土)の日本海新聞の子ども新聞「みみちゃんプレス」にて、『ちこくのりゆう』が紹介されました。
作者の森くま堂さんのインタビューがたっぷりと掲載されています。

絵本のテキストのみを募集する「絵本テキスト大賞」の第9回大賞受賞作である『ちこくのりゆう』
ページをめくるたび思いもよらない展開が待っている、ユーモアたっぷりのナンセンス絵本です。

ぜひ手にとってご覧ください。

(森くま堂・作 北村裕花・絵)

「絵本テキスト大賞」についてくわしくはこちら
https://www.doshinsha.co.jp/special/ehontext/
ちこくのりゆう

童心社のおはなしえほん

ちこくのりゆう

森くま堂 作/北村 裕花

先生、きいてえな。朝おきたら、とうちゃんとかあちゃんがカブトムシにかわっとったんや。だけど時計を見たら学校がはじまる時間やったから、いってきますと、ぼくはうちをとびだしてん。ところが、ノラネコのタイショーに声をかけられて、そのとたん……
ちこくのりゆうを先生に説明する体ではじまる物語は、ページをめくるたび度肝をぬかれる抱腹絶倒の展開をしていきます。
第9回絵本テキスト大賞受賞のナンセンス絵本です!

  • 小学1・2年~
  • 2021年1月20日初版
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
  • 立ち読み