2020.11.16

〈広島〉「アーサー・ビナードが語る紙芝居 『ちっちゃい こえ』&ヒロシマのこころコンサート」が開催されます!

※12/14追記:本事業は残念ながら中止となりました。
(詳しくは管理事務室までお問い合わせください)
http://www.cf.city.hiroshima.jp/higashi-cs/artproject80/



12月27日(日)に広島市東区民文化センター・ホールにてアーサー・ビナードさんが出演されるイベント「アーサー・ビナードが語る紙芝居『ちっちゃい こえ』&ヒロシマのこころコンサート」が行われます。

広島で原爆に遭ったモノたちが語る写真絵本『さがしています』や丸木俊さんと丸木位里さんが描いた大連作「原爆の図」をもとにした紙芝居『ちっちゃい こえ』などを生演奏をバックに朗読・実演されます。

どうぞ足をお運びください。

◼️日 程:2020年12月27日(日)開演:14時30分(開場:13時45分)
◼️会 場:広島市東区民文化センター・ホール
     広島市東区東蟹屋町10-31
◼️入場料:全席自由2,000円(当日2,500円)
◼️申込先:チケットぴあ(188-007)
      JMSアステールプラザ、各区民文化センター(安佐北区を除く)
      中国新聞社読者広報部、中国新聞販売所(取り寄せ)
      エディオン広島本店
◼️お問い合わせ先:東区民文化センター(月曜休館、たあし祝日の場合は開館)
         TEL.082ー264-5551

詳細はこちらのサイトをご覧ください。
http://www.cf.city.hiroshima.jp/higashi-cs/artproject80/


ちっちゃい こえ

単品紙芝居

ちっちゃい こえ

アーサー・ビナード 脚本/丸木 俊・丸木 位里 絵/「原爆の図」より

ネコが語ります。家族のこと。命をつくりつづける、体の中のちっちゃい声のこと。ヒロシマのこと…。わたしたちはどうすれば生きていけるのか? 美しい絵から響いてくるそのこたえに、一人ひとり耳をすます紙芝居。
『ちっちゃい こえ』プロモーション動画はこちら

『ちっちゃい こえ』紹介リリース

  • 小学3・4年~
  • 2019年5月20日初版
  • 定価2,970円 (本体2,700円+税10%)
  • 立ち読み
さがしています

単行本絵本

さがしています

アーサー・ビナード 作/岡倉禎志 写真

「おはよう」「がんばれ」「いただきます」「いってきます」「ただいま」「あそぼ」そのことばをかわすことができる、みんなの生活は、どこへいったのか? 1945年8月6日の朝、ウランの核分裂が広島で引き起こしたことは、どこまで広がるのか? ピカドンを体験したカタリベたちは、さがしています─たいせつな人びとを、未来につづく道を。ヒロシマから今をみつめる写真絵本。

  • 小学3・4年~
  • 2012年7月20日初版
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税10%)
  • 立ち読み