『ちび竜』が本日の東京新聞朝刊で紹介!

小さなつぶから生まれたちび竜が、生き物たちと友だちになり、神通力を身につけ、やがて地球を抱く大きな存在となっていく……。

詩人・工藤直子さんと、あべ弘士さんが描いた壮大なスケールが話題の新作絵本『ちび竜』。

本日2月21日(金)の東京新聞朝刊「えほん」コーナーに掲載されました。
生きることへの楽しい気持ち、わくわくした気持ちをくれる絵本としてご紹介いただきました!
ぜひご覧ください。
ちび竜

単行本絵本

ちび竜

工藤 直子 文/あべ 弘士

小さな粒からうまれたちび竜は、ボウフラ、たんぽぽ、もぐら……いろいろな生き物に出会い、風や水や土となかよくなっていく。神通力もつかえるようになり、やがて、でかくなったちび竜は、光る青い地球を抱いて…。



『ちび竜』工藤直子・あべ弘士 著者のことば(2020年1月15日発行「母のひろば」668号)
https://www.doshinsha.co.jp/download_files/000162.pdf

  • 4・5歳~
  • 2019年12月20日初版
  • 定価1,870円 (税込)
  • 立ち読み