<東京>目白のえほんや にこにこ書店にて『おしいれのぼうけん』複製画展がスタートしました!

昨年10月にオープンしたばかりの絵本専門店、「目白のえほんや にこにこ書店」にて、『おしいれのぼうけん』の複製画展がスタートしました。

本作を子どものころに読んだという方には懐かしい、ねずみばあさんやさとしとあきらの名場面が並びました。また店内には『おしいれのぼうけん』の著者古田足日さん、田畑精一さんによる絵本や紙芝居もそろっています。

1974年の刊行以来愛されつづけるロングセラーの世界を、ぜひこの機会にお楽しみください。


■『おしいれのぼうけん』複製画展
会    場:目白のえほんや にこにこ書店
期    間:2020年1月21日(月)~2020年2月24日(祝・月)
営業日・時間:11:00~20:00(日祝は18:00まで)月曜定休日(祝日は営業)
お問い合わせ:TEL 03-3565-6232
書 店 H P:http://www.nikoniko-books.com/15784761229328

『おしいれのぼうけん』複製画貸し出しのご案内はこちら
https://www.doshinsha.co.jp/news/detail.php?id=1781

おしいれのぼうけん

絵本・ぼくたちこどもだ

おしいれのぼうけん

ふるたたるひたばたせいいち

お昼寝前に、ミニカーのとりっこでけんかをしたさとしとあきらは、先生に叱られておしいれに入れられてしまいます。そこで出会ったのは、地下の世界に住む恐ろしいねずみばあさんでした。
ふたりをやっつけようと、追いかけてくるねずみばあさん。でも、さとしとあきらは決してあきらめません。手をつないで走りつづけます―。80ページものボリュームがありながら、かけぬけるように展開するふたりの大冒険。1974年の刊行以来多くの子どもたちが夢中になり、版を重ねてきました。累計226万部を超えるロングセラー絵本。

  • 3歳~
  • 1974年11月1日初版
  • 定価1,430円 (税込)
  • 立ち読み