2020.01.14

<連載2/2>工藤直子×あべ弘士最新作!『ちび竜』

地球にあふれるいのちを壮大なスケールで描いた新作絵本、『ちび竜』。
著者のおふたりから届いた言葉をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まぶだち・ちび竜 ――工藤直子

わたしは「ひと」に生まれました 
だから「ひと」と なかよしで すぐ「友だち」になります

わたしは 「ひと」でない みんなとも 友だちになりたいな と
思っています とり とか ちょうちょう とか カマキリ とかね
わたぐも とか ケヤキ とか そよかぜ ともね

とりわけ わたしは 空想から 生まれた 友だちが ほしかった
とくに「りゅう」と 友だちになりたかった! それも「まぶだち」に!
「まぶだち」って「ほんとうの友だち」という いみなんだよ

というわけで いつも空想しているうちに「ちび竜」がうまれました
ちび竜のことをしった あべ弘士さんが お! いいじゃん! と
ちび竜の「まぶだち」に なってくれて
ちび竜のすがたを いっぱい いっぱい えがいてくれました
そうやって生まれた ちび竜は ちびだったり でかかったり そして かわいくて カッコいい!

みなさんも ちび竜と「まぶだち」に なってほしいなあ
ちび竜と いっぱい あそんでほしいなあ と とても思っています

・・おーい ちび竜 いまどこにいるんだい?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

やさしい竜の描き方 ――あべ弘士

知りませんでした。
竜が、雨つぶから生まれてくるなんて。
そしてボウフラと友だちだなんて。

私のアトリエの庭に、バケツやら鉢やたらいやらがあって、その中で水たまりになっていて、蚊が卵を産んで、ボウフラがうじゃうじゃいたんだけど、もしかしてその中に竜の赤ちゃんがいたのかもしれなかったんだ。こんど見つけて、飼育したい。赤ん坊竜がすこし大きくなって、タンポポの綿毛につかまり 空中散歩する。
クモが自分の糸を空中高く飛ばして、それにつかまり遠くへ移動する。だからこの話は正しい。

トンボに飛び方を習う。このトンボはギンヤンマでなくちゃいけない。なぜなら私、一番好きなトンボです。

さて、竜はどんどん大きくなる。
フナに水界のことを、モグラに土界の術を習う。シカと角合戦する。入道雲の上を三段跳びだ。

ますます、どんどん、ずんずん、めきめき巨大化し、とうとう……なんと……。
“地球”を抱いて宇宙空間に浮いているのではありませんか。

私、負けずと絵を描きました。
工藤直子の話は、いつも壮大でやさしい。そうこの巨大な竜も言っている。「いつも きみの心の中に いるよ」とね。
実にやさしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

おふたりにとっては久しぶりの共作となった『ちび竜』。
充実した本づくりの時間であったことがうかがえる言葉たちです。

『ちび竜』を読んでいると、生きるってゆかいだ! とわくわくした気持ちになってきます。
ちび竜といっしょに、地球のともだちにたくさん出会ってくださいね。
ちび竜

単行本絵本

ちび竜

工藤 直子 文/あべ 弘士

小さな粒からうまれたちび竜は、ボウフラ、たんぽぽ、もぐら……いろいろな生き物に出会い、風や水や土となかよくなっていく。神通力もつかえるようになり、やがて、でかくなったちび竜は、光る青い地球を抱いて…。



『ちび竜』工藤直子・あべ弘士 著者のことば(2020年1月15日発行「母のひろば」668号)
https://www.doshinsha.co.jp/download_files/000162.pdf

  • 4・5歳~
  • 2019年12月20日初版
  • 定価1,870円 (税込)
  • 立ち読み